●毎月25日発売
●A5判  ●定価1,200円

○ 月刊 俳句界 2017年4月号 ○
特   集
夜半と比奈夫
「諷詠」四代の伝統、インタビュー後藤比奈夫/エッセイ和田華凛
特   集
第16回山本健吉賞 寺井谷子/選考:金子兜太
特別作品50句
名和未知男
特別作品21句
柿本多映、瀬戸美代子、小檜山繁子
充実の連載陣!
「牡丹と怒濤ー加藤楸邨伝」石寒太、他
セレクション結社
「白魚火」白岩敏秀
俳句界NOW
内海良太「万象」
甘口でコンニチハ!
辻野晃一郎(実業家)
amazonでもご購入いただけます→
○ 別冊付録 / 投稿 俳句界 ○
質量とも類を見ない、圧倒的に充実した総勢29名の選者陣!

添削教室選者
河内静魚、山尾玉藻(敬称略)
俳句トーナメント選者
石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
雑詠選者
有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
兼題選者
大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)


  【下の各画像をクリックしますと、今月の各コーナーの授賞作品がご覧いただけます。】


俳句ボクシング・今月のチャンピオン
選者:石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
出刃一閃大鮟鱇のつるし切り
三重 森 多恵子
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
紅葉散る巨岩奇岩を色が結ふ
三重 平野 透
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
鬼門より柊の香のながれくる
大阪 大西富紀子
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
雪女郎カメラ向ければ消え入りぬ
大阪 渡辺美紀代
雑詠
選者:有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
雑詠-有馬朗人・選
初富士を蓬莱橋に立ち望む
愛知  石川峰男
「越すに越されぬ」という大井川にも、今は橋が幾つもかかっている。その一つ、蓬莱橋は実に美しい。またそこから見る富士山は見事である。この橋に立って初富士を見たとはまことにめでたい。蓬莱という言葉に新年を迎える喜びがこめられている。初富士と蓬莱橋の組合せが佳い。
港町ポインセチアと黒猫と
静岡  北邑あぶみ
クリスマスの頃になると、ポインセチアが店の窓や街のあちこちに美しい紅の色を見せてくれる。この句では港町のポインセチアがそれに寄り添う黒猫と共に描かれている。ポインセチアも黒猫もどことなく異国情緒を漂わせる。港町らしい光景を佳く描いている。
春時雨愛猫棺の母に添ふ
東京  中田喜代榮
春といっても時雨のような雨である。明るくて優しかったお母さんを送るのにふさわしい。そう思って棺を見ると、お母さんが可愛がった猫が、お母さんを守るように棺に添っていた。悲しみの中の明るさ。それはお母さんにふさわしいと作者は思ったのである。愛猫の姿が可愛い。
雑詠-稲畑廣太郎・選
霧を出で空の青さを知りにけり
広島  日野栄理子
深い霧の中に入ると、視界が極端に狭くなり、車を運転していたりすると、不安も一入であろう。そんな霧を出ると一面の晴天が広がっていた。作者の安心感が心地良く伝わってくる。そして、この青空を通して、霧があらためて秋の季題であることを強く実感するのである。
空いつも泪もろくて花の頃
京都  笹下蟷螂子
桜の花が満開の頃になると何故か雨が降り、風が吹き、まるで折角咲いた花を敵のごとく吹き飛ばそうとしているように感じるのは、筆者だけではないだろう。この句のように、多くの人が感じているのではないだろうか。「空が泪もろい」という表現が詩的で格調高い句となっている。
心眼を開き闇汁掬ひ上げ
愛媛  後藤 郷
昔は食品以外のものも入っていた、ということを聞いたことのある闇汁であるが、最近はやはり食べられるものを入れる、という紳士協定はあるようだ。それでも、鍋料理にはそぐわないものが入っていたりして、なかなか勇気もいるのだろう。作者のそんな不安と勇気が見て取れる。
雑詠-今瀬剛一・選
大阿蘇の光をまとひ草の絮
福岡  森田和をん
雄大な阿蘇の情景をよく捉えていると思う。「草の絮」に焦点を当てて表現したところがいい。悠々とどこまでも飛んで行く草の絮、その背景には阿蘇山があり、その輝きが草の絮まで及んでいるのだ。阿蘇山を「大阿蘇」と表現したところにも阿蘇に対する敬虔な思いが感じられる
筑波山眠りて長き裾ひけり
茨城  荒井栗山
広々とした関東平野の中に一際高くそびえ立つ筑波山。その全容をよく捉えている。作者は眼前に立つ筑波山を見て、裾を長く引いているところに注目をした。裾の長さを一番感じるのはやはり物みな枯れ、空気の引き締まった冬であろう。「山眠る」という季語の使い方が巧い。
鶲来るカスタネットの音たてて
山口  御江やよひ
鶲が来て鳴いている。鶲は人懐こい鳥でよく私の近くにも寄って来る。鳴き声もまた愛らしい。私達は子供の頃、この鳥を「ひんかたかった」と呼んでいたほどである。作者は直感的にその声を「カスタネットの音」と思った。この見事な直感、それをそのまま気を衒わずに作品化した。
雑詠-大串章・選
イーゼルの手書きのメニュー枯木道
神奈川 原 悠歩
並木通りの瀟洒な食堂を思い浮かべる。店の前に置かれたイーゼルに手書きのメニューが貼ってある。この句、座五の「枯木道」が効いている。今は裸木の続く枯木道だが、やがて木木は芽吹き、夏が来ると若葉が輝き始める。料理を味わいながら季節の移り変りを楽しめる店なのだ。
窯変を炎に託すマスクかな
大阪  隠岐灌木
素敵な「窯変」を期待しながら窯を焚いている。焼き方を工夫し或る程度まで成果を左右することができるが最後は「炎に託す」ほかはない。期待外れの作品ばかりで焼きあがった陶磁器を全て廃棄した名人もいたと聞く。窯変とは窯の炎の具合によって釉薬の色や形が変化すること。
席譲るひとも老人冬のバス
京都  白井さと
バスの中でお年寄りに席を譲っている人がいる。その人もまた老人というところが佳い。この句と直接関係はないが、読んだ瞬間、吉野弘の詩「夕焼け」を思い出した。電車の中で二回老人に席を譲った娘が、三人目の老人には席を譲らず辛そうに座っている、という詩である。
雑詠-大牧広・選
春雪や反原発へしんしんと
東京  品田冨美子
春雪がひたすら降っている原発基地辺り。その無垢な白さは、忌わしい原発を否定する白さといえよう。白一色ののどかな里に傲然とある原発。そんな原発にしんしんと雪が降っている。その地の住民の原発に対する忌わしい視線が、それこそしんしんと伝わるのである。
朽舟も沼の一景冬ざるる
千葉  原 瞳子
上等な日本画を観た味わいがある。それには「朽舟」を表現にこめた意味はつよい。もう使え なくなった舟がぽつんと一つ、そしてしんしんと冬枯れている。いわば滅びの美しさといえよう。
師の昼はおむすび一個けらつつき
神奈川 渡むく
素朴な内容に共感する。おむすび一つで足る師は想像すれば決して若くない。それが何とも滅 びの美学をにじませて深い俳句となっている。「けらつつき」も効果的だった。
雑詠-角川春樹・選
右足のギブスに落書きする聖夜
福井  岡本海月
「聖夜」と「ギブス」の取合せに惹かれた作品である。作中の人物としては、スポーツで負傷 した学生をイメージした。「落書き」という表現をとりながら、快癒を願う友人たちの寄せ書き が連想される。
一本の葱の果まで刻み切る
東京  瀬戸満智子
生活実感の伝わってくる作品である。一本の葱を「果まで」刻んだという飛躍のある表現を持ってくることで、見慣れた日常の一齣が俄然かがやきだしてきた。
マスクしていつか少数派にをりぬ
愛知  山口 桃
マスクは、本来は病菌や塵を防ぐために用いるもので、顔の半分が覆われることで自他ともに別人の感じがすることがある。掲句のマスクも後者に近い用いられ方であり、自分の主義主張が多数派ではないということをシニカルに表現している。
雑詠-岸本マチ子・選
不本意にも枯蟷螂となりにけり
神奈川 沼田樹声
関八州の大親分の様なカマキリの顔。ちかごろ不本意ながら枯蟷螂だなんて言われて、みっと もないったらありゃしない。と、こればっかりは寄る年波、年はとりたくないものです。
それほどに叫びたきこと鵙高音
福岡  石井麗子
あの鵙の高声、どうしたらあんな声が出るのか。それほどに叫びたくなる事って、誰にだって あるけれど、みんな我慢しているのよね。人はみな忍耐、忍耐なのです。
凍蝶の沈思黙考してをりぬ
東京  川原瀞秋
冬まで生きながらえて来たのにと、ここで沈思黙考。じっと動かないのがいいのかもしれない。もう一度飛ぶ夢を見てみよう。「沈思黙考」が素晴しい。
雑詠-古賀雪江・選
餅筵居間も客間もなかりけり
千葉  仁藤輝男
餅筵とは、搗き上げた餅を置き並べる筵のこと。正月前とか沢山搗いたときには卓だけでは足りない。昔は餅搗きの日には、近くに住む親戚までが駆り出されて居間も客間も餅筵が敷かれた。子供達にはこの上ない嬉しい日で、一族の絆は一層深まったが、今ではほとんど見られない景だ。
六甲の風募る夜や葛湯とく
兵庫  秦野淑恵
葛は諸々の澱粉中もっとも良質で、滋養飲料として昔から使われている。砂糖を入れてほんのり甘い葛湯は、風邪心地の時など夜の就寝時にたしなむと、玉子酒とも違う癒される飲み物である。六甲山よりの風の荒ぶ夜に、吹きながら啜る葛湯は殊更であろう。
初鶏が闇に輪郭描きたり
広島  藤岡蒼樹
元旦の明けがたに鳴く一番鶏を「初鶏」という。新しい年の始まる事触の声でもあって、常に聞くのと違って心改まる思いがするものである。今年は酉年でもあり、作者は殊更に感じたのかも知れない。その初鶏が暁闇にうすうすと見える様子を「輪郭描き」と。
雑詠-坂口緑志・選
一笛に霊ぶる舞や初神楽
愛知  安井千佳子
くしぶ」を辞書で引いてみると、「霊異のはたらきをする。霊妙である」とある。初神楽の舞が、一管の笛の音色によって、不思議なほど尊く感じられたのである。初神楽であるだけに、一層神さびた清澄な趣が思われる。
追剥 のごとく鮟鱇捌きけり
愛媛  坂本千惠子
鮟鱇の体は平たく、海底にへばり付いて、大きな口で獲物を呑み込む。鮟鱇鍋にするほか、鮟肝は酒の肴として珍重される。捌くには鮟鱇の吊し切りと言われる方法で、皮を剝ぎ、内臓や肉を切り取る。まさに追剝の如くである。
黒いベレーのゲバラよ遠い七月よ
大阪  西向聡志
チェ・ゲバラはアルゼンチン生まれの革命家。キューバ革命で活躍した。ベレー帽がよく似合った。そのゲバラが一九五九年広島を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花しているのだ。七月二十五日であったという。三十九歳で銃殺されたが、その活動を称える声は今なお多い。
雑詠-佐藤麻績・選
裸木になりて詩人に愛さるる
茨城  加藤そ石
葉をすべて落とし、枝だけになった裸木は美しい。特に夕ぐれの中に細い枝先まで見せている姿にはしばし見蕩れてしまう。しかも葉や実もつけた生涯を経た後の余分なもののない姿であれば、詩人に深い思索をもたらすにちがいない。
紙漉の押して戻して水揺らす
大阪  木谷百合子
紙漉きの仕事の最後の工程を述べた作品であろう。最終段階の紙料を水に溶かして、水槽の中のすき舟を用いて、押して戻して水を揺らすのである。簡潔に詠んで熟練の技を表現した秀作である。
定位置のソファーのくぼみ毛糸編む
北海道 井上映子
居間に置かれたソファーは家族の誰彼に定まった場所がある。そこでどう過ごすかは、それぞれによる。作者はこの場所で編み物をするようだ。それ故に作者によるくぼみが出来ているのだ。いかにも家庭のやすらぎが伝わる秀句である。。
雑詠-鈴木しげを・選
船霊は女人の髪や春の雷
愛知  安井千佳子
船霊は船の守り神。船中にまつるほか、漁港には船霊社があって航行の安全を祈願する。神体は女神、例えば乙姫もそう。女の髪というのも多い。髪は神に通じるのだろう。一念のつよさである。さて海上では春の雷が鳴り出してなにやら不穏な雲行き。船霊さまに事なきを祈る。
長生きにこつなどは無し福寿草
千葉  三木星音子
作者自身のことをかく詠んだものであろう。長寿の秘訣を問われて食事や睡眠を大切にしてということはよく聞くところであるが、この作者は飄々として「長生きにこつなどは無し」と看破する。これに新春の縁起物である福寿草の明るい黄色の花が寄り添っている。
朝市に鮪の頭立ててあり
東京  萩原純子
鮪の陸揚げが盛んな漁港が思われる。例えば神奈川の三崎港など鮪の陸揚げ量は日本で一、二を競う。朝市は人気で、多くの客でにぎわっている。掲句は鮪の兜と呼ばれる頭の部位が店頭に並べられている豪快な情景。下五の「立ててあり」に臨場感がある。
雑詠-辻桃子・選
湯豆腐や味方にならぬ人の顔
東京  箕輪賢次郎
単純であっさりした湯豆腐から、陰影に富んだ秀句がいくつも生まれた。この句では、対座している相手を、味方にならない人だと、しみじみとその顔を見ている。そんな切ないたよりなさを思わせるのも湯豆腐ならではの情趣だ。
曲がるたび狭くなりゆく雪の径
福島  阿部 弘
雪道は、人がたくさん通ればそれだけ踏み固められて広くなり歩きやすくなる。人があまり通らなければ細く狭いままだ。作者は、人通りの多い道から路地を曲がるたびに人通りの少ない細く狭い径に入って来たのだ。その先に訪ねる人の家があるのだろう。いかにも雪国の路地らしい。
やはらかな水を振りまき餅を搗く
大分  金澤諒和
「やはらかな水を振りまき」は相の手(返し手)の仕草だろう。手に湯を含んで臼の餅を返す。そのときのやわらかな仕草が手水のやわらかさと重なる。手水は相の手の動きのままに臼の周りにも振りまかれる。餅搗きの相の手の動きを写生して、なんとも華やかな句だ。
雑詠-夏石番矢・選
モンスター跋扈する街クリスマス
石川  前 九疑
この句のモンスターはポケモンに限定されない。私たちすべてが人間ではなく、おぞましいモンスターになりはて、都市に出没し気ままに歩く。イエス・キリストの誕生日は新約聖書に明記されず不明ながら、大多数は異教徒の日本人にも特別の日。しかし神聖さより不気味が圧倒する。
北風やあなたの空を捨ててしまえ
福島  呼吸
独自な秀句で好調な作者。同時投句〈わたくしの背中の星を愛したまえ〉もいい。「あなた」は、遠方とも君ともとれるが、後者の方が句に深みが出る。広々と心に所有する大空さえ捨てよとは、より無一物に、より無所有に、より自由になれとの祈り。むろん作者自身の願望でもある。
原発に塩撒いてゆくサンタかな
北海道 武田 悟
社会風刺の空想の一句。しかし、底割れしない厚みもある。塩を撒こうが、何をしようが、欠陥をもともと抱える原発は、相変わらず、事故を起こさずとも放射能を漏らし続けている。原発建設という愚かさ、それを批判する人たちの無為、いずれにも皮肉なまなざしが向けられている。
雑詠-西池冬扇・選
歯朶に触れ恐竜たりし記憶かな
東京  菊地雅子
人間の脳の根幹に恐竜時代の記憶がコード化されているとか。そうかもしれないし、そうでないかも。月を観たら狼に変身する人がいるから歯朶に触れたら恐竜になる人もいるかもしれない。まあ、ちらりと先祖返りの郷愁だけにしておいて欲しい。終末時計が後二分半を示しているから。
開け放ちある百枚の白障子
大分  光成えみ
寺院なのであろうか、大きな建物の景。「開け放ちある」というのが良い。冷え冷えした感じと、 このあと集まる人々を想像してしまう。この句では、「百枚」と、具体的な数がリアルなスケー ル感を裏打ちする。建具の量と質を示すだけで、その空間に起こる出来事をイメージさせる。
冬至晴牛の寝藁をほぐしをり
熊本  加藤いろは
昔は多くの農家に牛馬や鶏が飼われていた。現代人には自然と接する密度の高い生業は憧れである。一陽来復、日射しが伸びる。ことに「快晴の冬至」とくれば、牛も私も元気百倍「がんばるぞ」。麦稈ロールを使いもしようが、この句の寝藁は自分で刈り干した格別匂いの良いやつだ。
雑詠-原 和子・選
雪の夜や哲学的な猫の顔
北海道 佐藤尚輔
猫の風貌もいろいろあるが一般的には人の最も近くにいながら野性味を失わず、万事気儘に振る舞うとされている。猫好きにはそこがたまらなく可愛いのだろう。雪の夜の背景もよろしく哲学的とは生活者、猫は思惑通り自在に生きている。自分の考えが何者にも邪魔されない頼もしさ。
蛇行して琵琶湖に入るや冬の川
滋賀  竹内悦子
琵琶湖の大津には松尾芭蕉の眠る義仲寺がある。義仲寺には、木曾義仲、巴御前の墓があるが、ここに落ち着いた芭蕉の心情も宜なるかなである。琵琶湖には幾筋もの川が淀川から入ってくるが、蛇行する川の流れに思いをくぐらせてみた。
極月の監視カメラの作動中
東京  曽根新五郎
一見物々しい句と思うが、私たちの日常にはこの監視カメラが休むことなく働いている。あまり意識していなくても「作動中」とあると、はっとする。今日の複雑な生活環境にはなくてはならないものなのだろう。ことに師走、慌ただしい街中では、どこからでも「私」が映されている。
雑詠-山田佳乃・選
目に見えぬものに躓く師走かな
愛知  安井千佳子
何かと気忙しい師走。慌てていると何でもない道で躓いてひやりとする。一センチほどの段に気がつかないのである。「目に見えぬもの」という大雑把な捉え方で表現したことで、道の段差だけではなく、日常の齟齬やら電車の遅延やら様々なものに躓くことを想像させる広がりもある。
男柱に大三輪の護符寒造
兵庫  内田あさ子
三輪山を御神体とする大神おおみわ神社は酒の神としても篤い信仰を集めている。「寒造」は寒中の水で酒を醸造することであるが厳しい作業が続く。そんな酒蔵の男柱に護符がはってあることを見 られたのであろう。句材のよさもあるが、寒造の現場を見なければなかなかできない佳句である。
数へ日の指折る度に増ゆる用
大分  森田里華
年末は一日が過ぎるごとに慌ただしくなっていく。あと何日と日を数えると共に、一日にすべきことなどをあれこれと考える。終ったと思うと思いだす用事。減ればまた増える用事。そんなばたばたとした様子に共感を覚える。「数へ日」という季題をリズムよく実感を込めて詠まれた。
兼題
選者:大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)
今月の兼題…【道】
兼題-大高霧海・選
特攻の征きし道なり落し文
山口 御江やよひ
冬銀河非核非戦の遠き道
東京 徳原伸吉
泉への道しんがりは波郷かな
愛媛 境 公二
兼題-高橋将夫・選
冬銀河永久の軌道に宇宙葬
愛媛 堀本芳子
春愁や道説くほどに自己嫌悪
福岡 後藤啓之
ドガの踊り子春の日差しの道を行く
愛知 犬塚李里子
兼題-田島和生・選
時雨るるや国道フェリー投錨す
大分 山本健人
道草の子の手に長き氷柱かな
秋田 清水けん一
猪寝ねて塞ぐ六甲登山道
京都 森 都々路
兼題-田中陽・選
一本道白息が来るぐんぐん来る
神奈川 神野志季三江
バス降りて忽ちひとり雪の道
長野 本間克子
あの道もこの道もすべて十二月
和歌山 𠮷田貞夫
兼題-中西夕紀・選
茶道部の膝を集めて開炉かな
千葉 服部正美
をさな児の手より接待遍路道
東京 岩原真咲
道ならぬ恋してポインセチアかな
岐阜 福井英敏
兼題-名和未知男・選
プラタナスの落葉の道に巡礼者
宮崎 星たみよ
山の辺の古代の道の月夜かな
滋賀 井上美代子
*ラストシーンめく黄落の並木道
長崎 梅野ヤヱ
兼題-能村研三・選
さすらふは渇きに似たり枯野道
埼玉 鈴木良二
岐れては途切れゆく道梅探る
千葉 原 瞳子
*ラストシーンめく黄落の並木道
長崎 梅野ヤヱ





2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月| 1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月
定期購読のご案内
・毎月25日発売
・A5判
・定価1,200円(税込)
半年間 6,500円(700円お得)
1年間 12,500円(1,900円お得)
2年間 24,000円(4,800円お得)
定期購読は送料サービス

※定期購読割引は、直接小社にお申し込み戴いたお客様に限り、適用されます。その際、ホームページでお知りになった事をお伝えください。

※購読期間中に特別価格号が出た場合、 差額は当社で負担致します

・ご質問やご不明な点がございましたら、フリーダイヤル  0120-819-575、または、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。