●毎月25日発売
●A5判  ●定価1,200円

○ 月刊 俳句界 2017年5月号 ○
特   集
おかげさまで250号
俳人グラビア特集、論考〜俳句総合誌の未来を真剣に考える
特別企画
最後の銀幕スター
特別作品50句
小澤 実
特別作品21句
檜紀代
充実の連載陣!
「牡丹と怒濤ー加藤楸邨伝」石寒太、他
セレクション結社
佐々木建成「天穹」
俳句界NOW
大峯あきら「晨」
甘口でコンニチハ!
石井妙子(ノンフィクション作家)
amazonでもご購入いただけます→
○ 別冊付録 / 投稿 俳句界 ○
質量とも類を見ない、圧倒的に充実した総勢29名の選者陣!

添削教室選者
河内静魚、山尾玉藻(敬称略)
俳句トーナメント選者
石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
雑詠選者
有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
兼題選者
大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)


  【下の各画像をクリックしますと、今月の各コーナーの授賞作品がご覧いただけます。】


俳句ボクシング・今月のチャンピオン
選者:石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
体脂肪五パーセントの冬木立
千葉 金子未完
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
紅葉散る巨岩奇岩を色が結ふ
三重 平野 透
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
年の夜や方位磁石の揺れてゐる
東京 菅沼里江
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
煮 凝 に 目 玉 つ る る ん 明 石 鯛
兵庫 百目鬼 強
雑詠
選者:有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
雑詠-有馬朗人・選
海光へ向かう一打ち鍬始
愛知 榊原多津子
新年を迎え、初めて鍬を使い始めるのである。一昔前には幣束を立てたりして、先ず田畑を浄 めてから鍬を使い始めたものである。その鍬の先に海が輝いている光景は、「鍬始」にふさわしい。 海光に向って一打ちをしている姿を描いたところが佳いと思う。
国栖奏の笛もきよらに浄見原
愛媛 境 公二
国栖奏くずそうは陰暦一月十四日に、奈良県吉野町南国栖の浄見原きよみがはら神社で行われる神事である。そもそも国栖とは昔吉野郡の山奥にあったと言われる村落で、奈良・平安時代に宮中の節会に参加して笛を奏した。その国栖奏の笛の音が浄見原に清らかに響いて来る。昔がしのばれるところが佳い。
風花や伊根の船屋に魚籠ひとつ
埼玉 金子慶子
伊根は京都府与謝郡の奥丹後半島の先端部にある漁港。そこに船小屋があり、その中に魚籠が一つ置かれている。その船屋の外の空には風花が舞っている。雪の多い日本海に面した古い漁港のたたずまいが佳く描かれている。なんとなく昔なつかしい光景である。
雑詠-稲畑廣太郎・選
雪だるま眼を得て子等と合ふ視線
三重 森田敏昭
雪だるまを作る時、最後に目を入れて完成、という場合が結構多いのではないだろうか。そして目が入った瞬間から何か生き生きと、生を得たような感覚になるのを確かに経験した記憶があ る。子供達の友として生まれた雪だるまの、不思議な生命力をも感じることの出来る句である。
*早春やパレットに溶く風の色
愛媛 堀本芳子
立春を過ぎると、未だ冴返る日があっても、やはり其処此処に春の息吹を感じることが出来る。そんな日に絵を描いているのだろう。草花などの見える対象ではなく、風の色に着目したところが何とも詩的で、季節的にも早春という季題にぴったりである。風の色を想像するのも面白い。
指揮棒の描く三角春近し
徳島 新井義典
指揮棒が三角形を描いている、というところから、どうしても三拍子のワルツを想像してしまうが、春が近いということで想像を逞しくすると、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートが聴こえてくるのは大袈裟だろうか。何れにせよ季題を通して聴こえるワルツが軽やかである。
雑詠-今瀬剛一・選
ゆず風呂の柚子と惚けてゐたりけり
岐阜 三田村広隆
柚子風呂にとっぷりと浸かっている感じをよく捉えている。「惚けてゐたりけり」という表現 に強い実感がある。もう随分長いこと柚子湯に入っているのであろう。目の前に浮沈する柚子も また長いこと湯の中に浸かっているのだ。「ゆず風呂の柚子」と畳みかける様な表現も快い。
冬うらら素適に歩く靴選ぶ
大阪 森田蓉子
作品から靴を選んでいる時の本音がよく感じられる。たくさん靴が並んでいると目移りしてし まいがちなのだが、作者にははっきりとした靴を選ぶ基準がある。それが「素適に歩く」という ことだ。いかにも女性らしい。「冬うらら」という季語が作品全体に明るく響いていると思った。
芦の湖に吸ひ込まれゆく春の雪
神奈川 藤田勝彦
「芦の湖」の春の情景描写。視点が明確であるために情景に力が感じられる。とりわけ「吸ひ 込まれゆく」という表現がいい。「春の雪」は牡丹雪の様に大粒のものが多い。作者はその降る 様を見て湖面に力を感じたのである。大きな湖面が雪を吸いこむ、その力によって情景は広がる。
雑詠-大串章・選
冬 木 の 芽 な み だ を 拭 ひ 仰 ぎ 見 よ
神奈川 英 龍子
冬のうちに芽を出す「冬木の芽」。寒さに負けず萌え出す木の芽は力強く頼もしい。その冬木 の芽を「なみだを拭ひ仰ぎ見よ」と言う。「なみだを拭ひ」という言葉には辛いこと悲しいこと に負けず、冬木の芽のように強く生きよという思いが籠っている。自らを励ます一句であろうか。
大縄跳び見てゐて縄を持たされし
大阪 秋山具輝
子供たちが大きな縄を回して縄跳びをしている。それを見ていたら、「おじさん縄を回して」 と縄の一端を手渡された。縄を回しながら子供たちが跳びはねる姿を見ていると、自分の子供の 頃のことを思い出す。懐かしい幼友達の顔が次々に浮かんでくる。あの頃は本当に楽しかった。
枯蔦と木影と壁に混み合へる
東京 竹内柳影
壁に枯蔦が這いまわり、木の影が揺らいでいる。うっかりすると枯蔦と木の影とを見間違いそうである。下五「混み合へる」がその有様を如実に言いとめている。写生の目の効いた句であり、懐かしさを感じさせる句である。
雑詠-大牧広・選
*戦争を知らぬ狐火太りだす
東京 清水滋生
「戦争を知らぬ狐火」に、不気味な影の存在を思う。あの苛酷な戦争の姿を知らぬ人達が太り 出している。怖いことである。「太りだす」の表現が、それとなくそうした危機感を訴えている。
雪の夜の柩の中の夫小さし
愛知 小木曽みえ子
身につまされる句。あんな大きくて逞しかった夫が、闘病の果てかすっかり小さくなって柩の中に眠っている。まさに無常を思わす内容だが、せめてやすらかに眠っているような夫の顔が心の救いだ。雪はかぎりなく降っているが、それがかえって夫への慰霊ともなっている。
覗きみる廊下の奥や白泉忌
埼玉 柴田獨鬼
〈戦争が廊下の奥に立つてゐた 渡邊白泉〉の名句から発想しているが、ひしひしとした実感に襲われる。それほど今の政治情勢が戦前を思わせているからである
雑詠-角川春樹・選
狐火が鏡の中を通りけり
愛知 山口桃
狐火は、燐火が空気中で燃える現象とも、狐が口から吐く燐火りんかでもあるともいう。掲句では、 狐火と鏡という、異世界に通じる二つのものを詠み込むことで、作者の心象風景を具象的に表し ている
*早春やパレットに溶く風の色
愛媛 堀本芳子
早春は、暦のうえでは春ではあるが、寒さの最も厳しいころである。春が到来した喜びに、作 者は絵を描きに出かけたのだろう。風に感じ取った春の気配を、「パレットに溶く風の色」と表 現した。
水仙を剪れば鋏に水の音
高知 高橋宣彦
一輪挿しにするためであろうか、作者は水仙に鋏を入れたのだ。可憐で清楚な水仙の様子が、 鋏を伝わってくる「水の音」という措辞で描かれている。
雑詠-岸本マチ子・選
冬ざるる救世軍の居る銀座
埼玉 荒川清司
「冬ざるる」とは、いかにも冬の荒れさびた姿を想像する。昔、軍隊的組織のもとにプロテス タントの人々が民衆伝道と社会事業を社会鍋とともに凩吹き荒ぶ中行っているのを眩しく眺めた 事があるが、まだ銀座でやっているのであろうか。「銀座」というのがとてもいい。
大寒や蔵より洩るる杜氏唄
福島 戸田英一
冬になると、ふるさとを離れ、酒造りの杜氏さんたちがやって来て、新しい米で酒造りに精を出す。そんな時に唄うのが杜氏唄なのであろう。思わず蔵より洩れてくる美しい杜氏唄に、冬の情緒がそこはかとなく漂ってくる。
琴の音の流るる地下街福袋
愛知 匂坂まちこ
いかにも新春を祝う琴の音が、いやがおうでもお客の気持を盛り立てる。そんな地下街の福袋。なんとなく幸せがいっぱい入っているような気がするが、たいがいそれなりになる。それでもその高揚感がいいのだ。
雑詠-古賀雪江・選
海鼠食ふ縄文人の貌をして
埼玉 鈴木良二
海鼠は主に三杯酢に浸して食べるが、その只ならぬ堅さには閉口する。縄文時代の土器は、表面に紐をころがしたり圧着したりの文様で荒々しい。そして縄文人はと言えば、くしゃくしゃな奇怪な姿である。海鼠の堅さに挑んで、作者が縄文人の貌になったという比喩が俳諧味を感じる。
*目に力入れてもの見る寒さかな
群馬 小暮駿一郎
冬の寒さには、肉体に感じるものと心理的なものとがあり、時期や対象の範囲は広い。心の寒 さ、時代の寒さなどにも関連する。「目に力入れてもの見る寒さ」は、肉体的な寒さに心の強さ を持って構えたことかと。知らず知らずに目に力が入ってしまったほどの寒さであった。
着ぶくれて合はせ鏡の中に居り
福岡 奥苑靖子
冬は寒気を防ぐ為に誰もが余計に衣服を重ねる。よって体が膨れて見える。これが着膨れであるが、着膨れに吾が身が埋まり、足元が不如意になることもある。もう毀誉褒貶などには関係ない境地である。合わせ鏡の前後にそんな着膨れの吾が身を見て作者は仰天したかもしれない。
雑詠-坂口緑志・選
木の実降る壱岐も果なる曾良の墓
佐賀 池田小楠
松尾芭蕉の奥の細道の旅に随行した、蕉門十哲のひとり、河合曾良。芭蕉の死後、江戸幕府の命により巡見使(諸国の民情政情を視察するため派遣された役人)として長崎県の壱岐島に渡り、病のため客死した。お墓が島の北端にあるという。木の実降る音が往時を偲ばせてくれる。
ガダルカナルを語らず逝きしちやんちやんこ
愛知 安井千佳子
ガダルカナル島は、南太平洋の火山島。太平洋戦争中の一九四二年から翌年にかけて、米軍と の争奪戦の末、日本軍が敗北し、敗戦に大きく傾いたとされる。晩年はちゃんちゃんこを着た好々 爺であったのかも知れないが、終生ガダルカナルのことは語らなかったのである。
朴芽吹く朱鳥生誕百年に
福岡 齊藤宗迪
「菜殻火」を主宰した野見山朱鳥は、一九一七年生まれ。今年、生誕百年である。「ホトトギス」 六〇〇号の巻頭句、〈火を投げし如くに雲や朴の花〉で、一躍注目を浴びた。樹高十メートルか ら二十メートルにもなる朴の大木が芽吹くと、この句を思い出す作者なのであろう。
雑詠-佐藤麻績・選
福 耳 を ほ め ら れ て ゐ る 受 験 の 子
千葉 原 瞳子
受験生の不安は単純なものではない。日々自分を見詰め周囲と比べている。そこには複雑な心理の揺れがあり、確信を持てない毎日を生きている。ほめ言葉に単純に喜ぶことなどない。だが受験に関係のない福耳をほめられた。福は喜ばしいこと。一瞬、安堵の心が湧いたにちがいない。
雪女去りて廊下に鞠一つ
千葉 山村自游
幼女が遊んでいたらしい。時折会うことが出来るお孫さんのようだ。遊びに来てくれた時のうれしさは譬えようもない。今は寒さの残る廊下に鞠が一つ残っている。この淋しい光景に楽しかった時を思い返す。まるで雪女が来て去って行ったような思いに耽っているのだろう。
寒仕込みモーツァルトの曲ながし
石川 かくち正夫
ここで寒中に仕込みを行うのは酒造りであろう。手順に従い原料を発酵させる段階に入ると、 手を掛けるだけでなく、待つと言うことが必要だ。待つとは心を離すことではなく、深く関るこ と。その時、モーツァルトの曲をながす作者。人間のためと言うよりむしろ酒のためのようだ。
雑詠-鈴木しげを・選
*覗きみる廊下の奥や白泉忌
埼玉 柴田獨鬼
白泉忌は一月三十日。掲句は〈戦争が廊下の奥に立つてゐた 渡邊白泉〉の有名な句を踏まえ た一句。いま「銃後」などという言葉は死語に近いと思うが、いつまたこの語が復活するかわか らない。薄暗い廊下の奥の不気味な不安感を作者は感じている、「覗きみる」である。
荒星や献体といふ選択肢
千葉 宮山久美子
一家の茶の間の会話。「あなた死んだらどうするの」「どうするってみんなと同じようにお墓に 入るんだろうな」「あたしはここまで元気で生かされてきたので死んだら医学のために一身を役 立ててもらいたいわ」「そうか、私も考えてみるか」。いずれみんな星になって輝くわけである。
繭玉に赤子の拳開きけり
山形 横道啓一
こちらは生命力にあふれた作。小正月の部屋に飾られた紅白の繭玉を、赤子の無垢のまなざしが捉える。小さな固結びのこぶしが繭玉のゆれに呼応するようにひらかれた。穏やかで平らかで明るい。笑顔からこぼれる笑い声がきこえてくる作。
雑詠-辻桃子・選
起こされぬまま枯菊となりにけり
高知 西岡晴美
枯菊になる前の状態を作者は見ていた。起こしてあげたらいいのに、と心の中で思い思いしながら、何度もその菊の前を通ったことがあったのだ。ある日、菊は倒れたまま枯れていた。この句、これ以上省略できないほど単純に詠まれている。そのために作者の深い感動が伝わってくる。
自転車の灯りに雪が殺到す
愛知 玉木尚孝
雪の夜、自転車のヘッドライトが細長く漏斗状に前方を照らす。そこに雪は殺到しているという。もちろん雪は光の中だけでなく、あまねく降っているのだが、照らされたところのみに焦点がしぼられ、外の雪は見えない。下五「殺到す」が写生で、情景をあますところなく伝えている。
紙漉くや細かく水をうねらせて
神奈川 いとう紫
和紙作りを見学したのだろう。楮や三椏の皮を剥いで蒸し、乾燥させて水に晒し、と、いくつかの工程のあと、どろどろの液になった繊維を、簀の子状の紙漉器ですくう。この句が描写しているのはこの場面だ。良質の紙を作るために神経を張り詰めている紙漉女の姿が彷彿とする。
雑詠-夏石番矢・選
*戦争を知らぬ狐火太りだす
東京 清水滋生
狐が人里に見かけられず、もはやフィクションでしかない季語「狐火」が、二十一世紀の世界全体の不気味で残酷な仕組みを象徴している。この狐火は戦争を好み、戦争が勃発するまで肥大化する。しかし戦争がどこかで常に起きているのが、地球の実態。戦争を知らないのは見せかけ。
昭和といふ長編だつた凩よ
静岡 北邑あぶみ
「昭和」を詠み込む投句がときどき見られる。そのなかで、甘い懐古趣味でない「昭和」俳句 は皆無に近い。長い「昭和」を長編物語ととらえ、厳しい「凩」になぞらえたところに作者独自 の批評精神がこめられている。「昭和」は理想化などされない波瀾万丈の時代だった。
心臓に夢を埋め込む雪達磨
兵庫 井上徳一郎
これはメルヘン的な一句。純真無垢な心洗われる幻想のようでいて、実はそうでない。なぜなら、子どもが自分の夢をひそかに埋め込んだ「雪達磨」は、一時的に他のそれより輝いて見えても、いつかは必ず融けてしまい、夢も無残な残骸をあらわさなければならないからだ。
雑詠-西池冬扇・選
関取の自転車通る春隣
静岡 渡邉春生
俳味かつ現代風江戸趣味的な景を切り取った好感の持てる句。春隣というから、大阪で三月に行われる春場所と国技館初場所の中間だろうか、関取の雰囲気も場所中とは異なる余裕も感じられたのではないか。下五に季語を据えて趣を演出。安定した俳句文体ならではの心地よさがある。
狛犬や元旦といふ面構
大阪 阿久根良一
元旦は見るモノすべてに新鮮さを感じる所がまた良い。屠蘇でも飲んで上機嫌だという読み手 の顔が彷彿とされる。初詣にいった土地のお社、いつも見慣れた狛犬が改まった顔でみえる。「元 旦といふ面構」がポイント。上五は内容的な切れではないが助詞「の」の弛みを嫌ったとみる。
晩秋や山越えてくる庖丁研ぎ
香川 磯﨑啓三
子供のころは山や峠を越えて来るのは異境のモノであった。庖丁研ぎが来ると門先の道端で仕事をする。厭きもせず、子供達はそれを群がって見ていたものだ。この句は上五に晩秋という季節を置き、読み手の人生の懐古的な場面へとたくみに誘導してくれる。俳句文体も典型的で良い。
雑詠-原 和子・選
大寒の落款となる落暉かな
岩手 草花一泉
一年で最もきびしい寒さに見舞われる大寒。身の引き締まる時候である。落款は、書画に作者が最後に印す貴重な証しである。聞くところによると、今回はここまで、しかし、まだまだ先のあることを示しているという。この落款の意味も含めて、大寒の落暉は素晴しい。
逆あがり巧みにまとめ余寒の子
大分 天領杉太朗
逆あがりがすっきりとまとまるまでに、大分時間のかかる子がよくあるが、これもその一つと して見ると、その努力が身に沁みる。「余寒」は、寒さがまだ残るということだが、寒さの中に どこか冬とは違った、やがて春になる気配が感じられる。「余寒の子」、一句がきれいに整った。
生涯の敵もなつかし年酒酌む
神奈川 渡辺正剛
敵にもいろいろあるが、年月を経て、この敵があったからこそと思う時がある。しみじみとひとり年酒を酌みながら、自分にとって双璧とも云える友を懐かしむ。物事が時間の流れの中で生かされていることがよく分かる。懐かしさを考える上での最上の一句と思って評価してみた。
雑詠-山田佳乃・選
畦を焼く火を叩きをり育てをり
宮崎 河野タキ子
畦焼きは風向きや空気の乾燥や様々なことを考えなければならない、危険の伴う作業である。 激しく燃えれば延焼の危険があり、湿って火が起こらなければ作業が進まない。火を上手にコン トロールすることは長年の経験が必要なのだろう。常に火と向き合う人の姿が見えるような一句。
竹馬の一ト廻りして母の前
大阪 吉丸照司
竹馬はコツを摑むまでは手ごわい遊具であるが、練習してようやく上手になる遊びは子供の成長に欠かせない。つききりで見ていた母親の手をふと離れるとき、子供は少し成長をする。それでもひとしきり遊んだら母のもとに戻って来る。そんな親子の情がほのぼのと感じられる一句。
*目に力入れてもの見る寒さかな
群馬 小暮駿一郎
寒くなると目が乾燥するのか、活力が低下するのか、なんとなく物をぼんやりと見ていることが多い。それでもしっかり気持を引き締めようとしているのだろう。目に力を入れてものを見るという措辞が寒さという季題と響いて、作者が一生懸命に見ている様子が伝わって来る。
兼題
選者:大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)
今月の兼題…【出】
兼題-大高霧海・選
出撃の夏雲重き知覧かな
北海道 金山敦観
寒茜派出所に母貰い受く
大阪 西田唯士
春風や兜太の声を聴きに出づ
埼玉 諏訪一郎
兼題-高橋将夫・選
出る杭の丸くなりけり冬帽子
東京 小田美惠子
雪の中待つは出発てふ別れ
福岡 南 阪茶
女人禁制出入り自在の雪女郎
埼玉 清水由紀子
兼題-田島和生・選
鳰浮くや出城の濠の深からず
千葉 原 瞳子
さくらんぼ抱へ出仕の羽黒巫女
山形 武田志摩子
出雲崎どの路地ゆくも冬の海
神奈川 矢橋航介
兼題-田中陽・選
初明り厨より時動き出す
福岡 森田孝子
出稼ぎの留守の男手六年生
兵庫 井上徳一郎
「これからよ」裸木に出る小さき芽
佐賀 八田良行
兼題-中西夕紀・選
スケートの青空走り出す恋よ
鳥取 石渕さゆり
百歳へ踏み出す一歩初日記
石川 かくち正夫
影を出て影を得たるや冬の蝶
大分 金澤諒和
兼題-名和未知男・選
書き出しはいつも楷書や初日記
神奈川 藤田せつ
半日の家出のみやげふきのたう
群馬 小暮駿一郎
母に似ず長寿の予感初日の出
愛媛 堀本芳子
兼題-能村研三・選
塩引の鮭捌きたる出刃の冴え
東京 関根瑶華
雪払ふ飛驒の出格子入り格子
岐阜 大野徳次郎
書も捨てず家出もならず修司の忌
群馬 庭野純一





2018年| 10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月
定期購読のご案内
・毎月25日発売
・A5判
・定価1,200円(税込)
半年間 6,500円(700円お得)
1年間 12,500円(1,900円お得)
2年間 24,000円(4,800円お得)
定期購読は送料サービス

※定期購読割引は、直接小社にお申し込み戴いたお客様に限り、適用されます。その際、ホームページでお知りになった事をお伝えください。

※購読期間中に特別価格号が出た場合、 差額は当社で負担致します

・ご質問やご不明な点がございましたら、フリーダイヤル  0120-819-575、または、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。