●毎月25日発売
●A5判  ●定価1,200円

○ 月刊 俳句界 2018年3月号 ○
特   集
賑やかな高齢者俳句
後藤比奈夫 伊丹三樹彦 深見けん二 花谷和子 他
特   集
人口減少・高齢化と結社
特別作品50句
中岡毅雄
充実の連載陣!
「牡丹と怒濤ー加藤楸邨伝」石寒太、他
セレクション結社
菅野孝夫「野火」
俳句界NOW
山元志津香「八千草」
甘口でコンニチハ!
田鎖麻衣子(弁護士)
amazonでもご購入いただけます→
○ 別冊付録 / 投稿 俳句界 ○
質量とも類を見ない、圧倒的に充実した総勢29名の選者陣!

添削教室選者
河内静魚、山尾玉藻(敬称略)
俳句トーナメント選者
石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
雑詠選者
有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、角川春樹、岸本マチ子、古賀雪江、坂口緑志、佐藤麻績、鈴木しげを、辻桃子、夏石番矢、西池冬扇、原和子、山田佳乃(敬称略)
兼題選者
大高霧海、高橋将夫、田島和生、田中陽、中西夕紀、名和未知男、能村研三(敬称略)


  【下の各画像をクリックしますと、今月の各コーナーの授賞作品がご覧いただけます。】


俳句ボクシング・今月のチャンピオン
選者:石井いさお、五島高資、佐久間慧子、堀本裕樹(敬称略)
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
フェルメールブルーの空や木守柿
神奈川 後藤勝久
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
湯たんぽを箸で鳴らしてみる子かな
茨城 加藤そ石
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
フェルメールブルーの空や木守柿
神奈川 後藤勝久
俳句ボクシング・今月のチャンピオン
刈田より刈田へとばすホームラン
愛知 加藤鋹夫
雑詠
選者:有馬朗人、稲畑廣太郎、今瀬剛一、大串章、大牧広、櫂 未知子、角川春樹、古賀雪江、佐藤麻績、鈴木しげを、田島和生、辻桃子、夏石番矢、行方克巳、西池冬扇、能村研三、原和子、山尾玉藻(敬称略)
雑詠-有馬朗人・選
弛みなき備長を焼く父祖の山
和歌山 尾崎 均
和歌山県熊野地方で作られる備長炭は火熱が大変強い。姥目樫うばめがしを材料としている。昔は鋳物師 が専用していたが、今日では料理用に使われる。誠に備長炭は弛みのない感じである。そしてそ れを焼く山も厳しく弛みのない様子をしている。それが父祖の山だという、誇らかな所が佳い。
竜泉に今も駄菓子屋三の酉
東京 川瀬佳穂
樋口一葉は作家として立つべく東京下谷の竜泉町に転居した。その近くのおおとり 神社は、酉の市で有名である。一葉の小説にもこの竜泉の辺りを描いているものがある。そのような町には今も 駄菓子屋がある。三の酉に竜泉の辺りを歩いて昔を思い出しているところが佳い。
浮くたびに鳰の左右に浮御堂
京都 西脇一隆
琵琶湖は鳰の湖とも呼ばれるくらい、鳰が多い。浮御堂の周りにも鳰が泳いでいる。そして盛 んに水に潜っているが、浮き上がってみると左にあった浮御堂が、次に潜って浮び上がると右側 にあったというくらい、鳰にとっても浮御堂は親しいものである。その様子が佳く描かれている。
雑詠-稲畑廣太郎・選
凍蝶の花から花へ歩みけり
沖縄 玉城常雄
冬になって、殆どその生涯を終えようとする印象の深い凍蝶であるが、その凄まじいばかりの 生命力が描かれている。あまり多く咲いていない花を求めて移動する時も、もう飛ぶ力も残って おらず次の花へと何と歩いて行くのである。季題をここまで的確に描いた句を他に知らない程だ。
すれ違ふ熊手が語る景気かな
東京 腰山正久
酉の市で買われた熊手が境内を闊歩しているのだろう。景気の良い時には大きく豪華な熊手が 高々と誇らしげに進んでいるのだろうが、反対に景気の悪い時は、小さい熊手がちょこまかと境 内を進んでいるか、売れもせず残っているのかも知れない。答が語られていないのが面白い。
しつこうによう降りまんな秋の雨
大阪 西向聡志
「ほんまによう降りまんなあ、こんな時分はどないだ、儲かりまっか」「さっぱりわやや。首 でも吊らな、どもならんわ」、なんていう会話が続くのだろうか。大阪弁俳句、尤も筆者が詠む と関西弁ということになるだろうか。こんな句もなかなか面白いのではないか。
雑詠-今瀬剛一・選
たましひのぷかぷか浮かぶ柚子湯かな
福岡 永田寿美香
柚子湯に浸っている時の思いがよく表現されている。「ぷかぷか浮かぶ」という表現が効果的だ。 むろん着想は柚子が沢山浮かんでいる情景から得たのだろうが、それを「魂」という言葉を得て 作者の心とも響き合うようになった。うっとりと長湯をしていて思いついたのかもしれない。
*月山の暮れて夕餉の茸汁
宮城 髙宮義治
月山の暮れたということは、辺り一帯が闇の中にあるということでもある。さっきまで見えて いた月山が心の中の情景としてありありと思い浮かぶ。ふと眼を落とすと、夕餉の膳には「茸汁」 が出ている。もしかしたらその茸は月山の山中に生えていたのかもしれない。
筑波嶺の風を総身に干大根
千葉 八川信也
筑波山は私の故郷の山である。したがってこの作品の「風」はよく分かる。関東平野に吹き広 がる風であるから干し物はよく乾く。この作品の大根もよく乾いたことであろう。表現から言う と、「総身に」という言葉が巧い。大根もそこに立つ作者にも、この風は容赦なく吹いている。
雑詠-大串章・選・選
どの子にも谺を返す紅葉山
山形 鈴木花歩
子供たちが紅葉山に向かって大声を上げている。それぞれ好きなことを言って山彦の答を待っ ている。「やっほー」と叫ぶと「やっほー」、「もみじがきれーい」と叫ぶと「もみじがきれーい」 とが返ってくる。「どの子にも」と言ったところが一句の眼目、楽しい句である。
初写真五人育てし母の笑み
埼玉 掛川重信
初写真の真ん中に母が静かに微笑んでいる。五人の子供を育て上げた健気な母である。戦中戦 後を含む波瀾万丈の昭和時代に、子供五人を育てるのは並大抵の苦労ではない。辛いことや悲し いことも色々あったに違いない。しかし、そんなことはおくびにも出さず穏やかに微笑んでいる。
語り部のはなし佳境に榾明り
神奈川 宮島流星
語り部の話がいよいよ佳境に入ってきた。聞き手は膝を乗り出し、話に耳をかたむける。傍ら には榾火があかあかと燃えている。この句、「榾明り」とあるから、民宿などの炉端の光景かも しれない。土地の古老が語り部となり、民宿の客が聞き手となって熱心に話を聞いている。
雑詠-大牧広・選
冬薔薇抜けざる棘や核のごみ
三重 岡田良子
「核のごみ」は、世界史的に考えると、大変不幸な問題になっている。見えない、臭わない変 種のエネルギー、放射能。人間や自然を中から壊してしまう、恐ろしいエネルギー。これを「冬 薔薇」で表わした点に注目した。
師の励ましに転機は来たり根深汁
群馬 大島 和
自分の気持がきっぱりと出ていて、好感のもてる一句となっている。季語も生活感があって説 得力がある。素朴な語り口を素朴な季語で裏付けて、忘れがたい句となっている。
煮凝や不仲のままに父と母
滋賀 下野たづ
真実が述べられている。清く正しくが俳句ではない。こうした洞窟を覗くような心の深さが秀 句になることを示し得ている。父と母を子供の思いではらはらとして見て、小説的な味わいを見 せている。
雑詠-櫂 未知子・選
あてのなき礼服作り文化の日
新潟 阿部鯉昇
慶事にせよ仏事にせよ、はたして着てゆく先があるのか判然とせぬままに作った「礼服」。い ざという時の、その「いざ」がはたして来るのかどうかわからぬまま、できあがる服。上五の茫 漠たる味わいが素晴しい。
こはれゆく母の手ぬくし室の花
宮崎 堀内サキ子
記憶を失い、子どもたちとの思い出のあれこれもあやふやになってゆく「母」。しかし、つな いだその手は紛れもなくあたたかい。さびしい句ではあるが、一句を貫く愛情に救いがあるとい えるだろう。
便箋をゆつくり開き寒卵
山口 平林美穂
「寒卵」は何かと取り合わせるのが難しい季語である。しかし、この句は届いた手紙を「ゆつ くり開」くことで、新しき出来事を迎える心持を描くのに成功した。気負わぬ美しさのある作品 である。
雑詠-角川春樹・選
日雇の日焼けで通す敬老日
奈良 中川汀
敬老の日は、老人を敬愛し長寿を祝う日である。高齢化社会の今日では、定年後も働くことは めずらしくない。掲句は、屋外の労働に従事する高齢者をモチーフにすることで、健康とペーソ スの両面を描いている。
言ひかけてマスクに吸はす言葉かな
青森 田端千鼓
マスクは、風邪の予防に用いられる。掲句では、言いかけた言葉がマスクに遮られたという。 吸わせたという感覚が、マスクの質感をよく表している。一言をどうしてためらったのか、ドラ マ性のある一句である。
読み返す父の「捕虜記」や文化の日
静岡 山﨑明子
文化の日は、自由と平和を愛し、文化をすすめる祭日である。歳時記の例句を見ても、平穏な 日常を詠んだ作品が多い。掲句では、一般の書籍ではなく、肉親の「捕虜記」をもってくること で、実感と真心のこもった一句となった。
雑詠-古賀雪江・選
街中が影絵となりぬ冬の暮
東京 菅沼里江
冬の夕焼けは、夏の夕焼けほど激しくはなく、時間的には短いのであるが、その一瞬の落日に 街中が暗く影絵のようになった。夕焼けが激しければ街の暗さも一層である。そして、そのまま 暮れて行く。少しずつ昼の時間が短くなってきているこの頃、夕闇はたちまちやって来るのだ。
語り部の息継ぐときに炭を足す
兵庫 河内きよし
空調が現代ほど発達していない頃、冬の暖房に炭は欠かせないものであった。また、語り部も 少し現代感覚からずれているかも知れないが、みちのくで最近そのような体験をした。囲炉裏の 燠を起こし、時折炭を足しながらのひと時。みちのくの原風景の中にいる自分にもまた満足した。
立冬の塔の影引く西の京
東京 勝田 繁
平城京、平安京の朱雀大路より西の地を「西の京」という。このあたりの塔と言えば、薬師寺 の東塔、西塔を思う。立冬は十一月の七日か八日頃。いくぶん日中の日射しが弱まって来て、そ して、物の影が日々に濃くなって来る時期である。そんな初冬の、塔影を長く引いた西の京の景。
雑詠-佐藤麻績・選
冬の朝奈良の茶粥にまさるなし
奈良 藤井雅子
食の習慣には土地柄の関わることが多い。朝食には茶粥がきまりと言うのもその理由だが、殊 に奈良のそれはよく知られている。茶を煎じた汁や茶を袋に入れて粥を炊いたもので香りの芳ば しさは抜群。朝食には打って付けである。季語が「冬の朝」と簡潔だが、それが殊によいようだ。
らふらんす光と影のレンブラント
三重 浦 悦子
「らふらんす」は西洋梨の一種。小形で皮は緑色で斑点などがあり、一見地味な果実だが香り よく肉質も程よい。一方レンブラントはオランダの画家で光と影の効果が独特である。肖像画家 として多くの作品にその特色が見られる。画家と果実の取合せを詠まれて成功した作品だと思う。
マスクして身を群衆に投じたり
埼玉 中村万十郎
「身を群衆に投じたり」とはものものしい場を詠まれたのかとも思うが、街なかの雑踏に出向 いたことを大仰に俳諧として詠んだものと思える。単に「マスク」一つでそうした場所に気おく れせず出掛けられるということだろう。マスクとは、その様に人間に係わってもくれるようだ。
雑詠-鈴木しげを・選
去来のこと凡兆のこと初時雨
東京 渕上信子
なかなか凝った作。向井去来、野沢凡兆といえば、蕉門の高弟。蕉風俳諧の頂点ともいうべき 『猿蓑』の編者である。松尾芭蕉の〈初しぐれ猿も小蓑をほしげ也〉から命名された。去来、凡兆 そして師・芭蕉が一句に会しているところが凝った作と呼ぶゆえん。作者の古典への造詣を思う。
両手見す生涯紙を漉き来しと
神奈川 久里枕流
紙漉きの歴史は古い。「紙漉」が冬の季語になったのは厳寒の水で漉いた紙は上質とされたから。 楮や雁皮の原料を蒸すところから簀で漉き、さらに天日に干すまでの工程はきびしく重労働であ る。「両手見す」に紙漉き作業に一生をささげて来た人の労苦と誇りが凝縮されている。
豊後から日向へ水の澄みにけり
大分 光成えみ
「豊後から日向へ」、まず言葉のひびきがいい。これを受けて「水の澄みにけり」と一気に抒 した勢いが一句に格調を与えている。作者は大分の人。故郷讃歌として大いに肯くものがある。 ただ、固有名詞の多用は類型を呼びやすいので注意したいところ。作者は十分心得ていよう。
雑詠-田島和生・選
*月山の暮れて夕餉の茸汁
宮城 髙宮義治
山形県にそびえる月山は、羽黒山、湯殿山とともに、聖なる出羽三山の一つである。月山が夕 闇に包まれ、ふもとの家では夕餉の茸汁の匂いが漂う。茸も山のふもとで採ってきたばかりだろ う。月山と「夕餉の茸汁」を併せて一気に詠み下し、大変秀逸である。
飴色に乾く岬の懸大根
埼玉 吉澤純枝
海に面した半農半漁のような村だろうか。狭い畑で育てた大根が狭い岬鼻の稲架に懸けられて いるが、すっかり乾し上がり、飴色になっている。崖下から吹き上がる潮風で、一か月もすれば 乾ききる。手堅い観察眼で、懸大根の飴色を捉え、妙味豊かな作である。
秋刀魚焼く箸に火のつく飛驒の酒
岐阜 谷口ふさ子
岐阜県飛驒地方といえば、肉牛で有名だが、旧家のいろりばたで焼いてもらうのは秋刀魚であ る。まだ新鮮で脂ののった秋刀魚に炭火が飛びつき、裏返す菜箸にまで火がつく。手元には飛驒 の銘酒が一本。下五に「飛驒の酒」を置き、「箸に火のつく」で躍動感もあり、大変いい。
雑詠-辻 桃子・選
凍蝶の風にこぼれて翅つかふ
神奈川 三枝清司
寒さでじっとしている凍蝶も、暖かい日が差す昼にはおぼつかない様子で飛んでいるのを見か ける。この凍蝶は一陣の風にバランスを崩し飛ぶ軌道からこぼれ落ちたように見えた。それでも 翅を使ってなおも飛ぼうとしている。生の切ない営みが一瞬の事実を写生することで捉えられた。
ポインセチア流るるジャズは奔放に
長崎 青木のり子
クリスマスの頃、街の花圃にはポインセチアの赤が溢れる。その華やかな赤と奔放なジャズと の取合せが新鮮だ。ポインセチアの飾られた会場で、ジャズメンの奔放な即興演奏を楽しんでい るのだろうか。ポインセチアが解放的な作者の気分をいやがうえにも盛り上げている。
北塞ぎ潮鳴り遠くなりにけり
東京 池上余思拾
「北塞ぐ」は「北窓塞ぐ」の略。この句では、北の方角に海が開けているのだろう。北窓を塞 いだとたん潮鳴りの響きが遠くなったという。冬構えをしていよいよ厳しい冬を迎えるのだとい う気持が伝わってくる。すらすらと詠み下した句形もよい。
雑詠-夏石番矢・選
山葡萄? 私に貢ぐ物が其れ?
京都 黒金祥一
人間と人間の支配・被支配関係は、いつの時代にもどの国にも必ず存在する。「山葡萄」を貢 いでくれるのは誰だろう。縄文時代にすでにこの果実から酒が造られていた。しかし貢がれても、 傲然と「それ?」と言い放てる人は、いかなる支配者か。両者によるドラマは果てしなく続く。
午前二時嘶き交はす冬星座
神奈川 神野志季三江
冬の午前二時は最も静かで寒く、厳粛な夜の時刻。そこでは星座同士が、馬に関連しないもの でさえも、息を吹き返して、馬のように嘶きを交わす。こういう幻聴の世界は、狂乱ではなく、 静粛を私たちにもたらす。嘶きを交わしたのち、星座たちはまた深い沈黙に帰ってゆく。
星月夜あまた矢を射るキューピッド
埼玉 橋本遊行
作者は精神的に若いと言うよりは、幼いのだろう。その幼さから生まれた純真な幻想。本当は 無数の星がまたたいているだけかもしれない。ゴッホの絵のような狂気はない。お尻まるだしの キューピッドたちが、見えない矢を無限に無邪気に放っている。ディズニーのアニメにも近い。
雑詠-行方克巳・選
フィニッシュの拳を胸にスケーター
神奈川 大矢知順子
好タイムでゴールインした選手が、胸に拳を押し当てて、祈るようにして流して行く様子です ね。拳を突き上げたりして喜びを露にする選手が多いのですが、このスケーターは喜びをじっと 嚙みしめているように思えます。大和撫子ぶりと言ったらよいでしょうか。
木枯やドア開けて待つ始発バス
兵庫 井上徳一郎
早朝から木枯しが吹きすさぶような季節です。この停留所の始発に乗り込んで来る人も大体決 まっているのでしょう。客がすぐに暖かい車中に乗り込めるよう、定刻までドアを開けたまま暖 気運転をしているのでしょう。そういう細やかな心遣いが感じられる句ですね。
雑巾に下ろす手拭い一葉忌
埼玉 福本直子
私などは、さんざん使い古したタオルなどを雑巾がわりにするのが常です。この句は、新しい 手拭をそのまま雑巾に仕立てるという。それ自体それほど贅沢というのではないのですが、やは りある種の思い切りのよさを感じます。一葉の生き方、「清廉」ということにも通じますね。
雑詠-西池冬扇・選
藤豆の爆ぜて窓打つ日和かな
兵庫 内田あさ子
藤の実は晩秋になると音を立ててはじける。それが窓を打つのであろう。良い日和の静かな午 後を感じさせる。地域によって藤の実を藤豆というのかもしれないが、藤豆と呼ばれるインゲン 豆の仲間、食用にもされる千石豆、アジ豆の類がある。句は季趣からも「藤の実」とすべきか。
爆心地通る寒柝響かせて
埼玉 川島 盈
筆者の小学生の頃は、東京の山の手でも町内を「火の用心」が廻っていた。あの拍子木の冴え た音はまさに風物詩。だがこの句には懐古的情趣以上のものがある。爆心地という言葉で広島・ 長崎の核爆弾のそれをイメージさせる。そういえばあの頃の東京にはまだ破壊の跡が残っていた。
桐の実のからから乾く過疎の村
兵庫 前田 忍
カ行の音の「桐」や「からから」「乾く」「過疎」という単語を巧みに配してリズミカルに仕上 げ、また句全体の雰囲気として、空疎感、乾燥感をリアルに表出することに成功している。「住 む人を失った家の庭には桐の実が目立つ」と不思議に感じるのはどうやら私だけではないらしい。
雑詠-能村研三・選
一音を土に返して朴落葉
熊本 石橋みどり
秋の終りに大きいもので三十センチほどの朴落葉が降ってくる。その落下音も、バサリッと存 在感を示しながら落ちてくるから、その下にいる人間だって相当にびっくりする。箒で掃き寄せ るというより、一枚一枚を拾い上げていく。「一音を土に返して」という表現がやさしい。
灯台は海への祈り冬日燦
神奈川 大矢恒彦
海の安全を守る灯台。役割が重要なのはもちろんだが、ポツンと立つ姿は、人工物ながら風景 を邪魔せず、むしろ趣を与える。紺碧の海に突きだすように白亜の灯台が立っている。冬日に輝 きながら、すっくと立つ灯台が祈りを捧げているようでもある。
紙漉のいろは日のいろ乳のいろ
福岡 矢野二十四
「紙漉」は冬の季語。埼玉県比企郡の小川町など、さまざまな地域で行われている。漉き舟で 漉かれた和紙を板に張り付けて乾燥させる。日に干されると白濁色から、だんだんに白く干し上 がっていく。「日のいろ」「乳のいろ」とリフレインの表現が効果をあげた。
雑詠-原 和子・選
時雨忌や伊賀に求めし水鶏笛
神奈川 英 龍子
水鶏笛は、水鶏を呼ぶための囮の笛。松尾芭蕉の遺物の一つにあり、その形は伊賀焼に写され ている。掌に乗る丸い小さな笛は、中央に穴が一つだけ開いた簡素なもの。掲出句は、水鶏笛を 求めるところに芭蕉を慕う心情が表れており、「時雨忌」が水鶏笛の寂しい音色に適う。
正客は若きをのこや敷松葉
埼玉 高橋晴日
「敷松葉」は、庭や茶室の露地などに松葉を敷きつめたもので、日本独特の雅びな冬の装いで ある。茶会に際し、趣向を凝らすが、正客にはそのもてなしに応じる教養と品格が要求される。 正客として現れたのは「若きをのこ」。敷松葉に配したことで、男の子の立ち居振舞が目に浮かぶ。
孤独とは縁なきポインセチアかな
大分 石井美穂
ポインセチアはメキシコ原産の観葉植物。猩々木しょうじょうぼくともいい、真紅のものが印象的である。街 がきらびやかに彩られる頃、ショーウィンドーの中にも飾られる。クリスマスを迎える幸福感を 高めるポインセチアは、まさに「孤独とは縁なき」ものといえる。
雑詠-山尾玉藻・選
陸にあがり人参色の鴨の足
東京 渕上信子
白鳥や川鵜など大方の水鳥の足もみずかき も真っ黒である。作者も鴨の足もそうなのだろうと思っ ていたのだろうが、陸に上がった鴨の足元を見て驚いた。足も蹼もオレンジ色だったのだが、そ れを「人参色」と見て取ったところに独自の驚きと発見がある。
返り花近寄りすぎて見失ふ
高知 西岡晴美
この「返り花」は桜であろう。作者は遠くから見つけた「返り花」をもっとよく見ようと樹に 近づいたのだが、逆に花の姿が見えなくなった。対象は隔たりがあってこそ人眼を引くものであ り、掲句にはものごとの道理、真実が何気なく語られている。
小鳥来る遺品の中に鍵の束
京都 上里友二
作者は亡くなった方の色々な遺品の中で「鍵の束」に眼を遣っている。「鍵の束」など取り立 てて指し示すものではないが、それは故人がごく普通に生活していたという現実的な証である。 「小鳥来る」の取合せには救いがり、しみじみとする一句である。
兼題
選者:大高霧海、岸本マチ子、高橋将夫、名和未知男(敬称略)
今月の兼題…【瞬】
兼題-大高霧海・選
みちのくの祈り瞬時の流れ星
東京 曽根新五郎
一瞬にして永遠原爆忌
三重 岡田良子
敗戦の日一瞬空虚なる安堵
広島 別祖満雄
兼題-岸本マチ子・選
被布着せて一瞬昭和引き寄する
福岡 池上佳子
大蛇おろち一瞬女身に変はる村歌舞伎
千葉 原 瞳子
見た瞬間コートの君に赤い糸
京都 西村滋子
兼題-高橋将夫・選
冬滝の瞬時ためらひ落ちにけり
福岡 田中義春
露の玉瞬発力を貯めてをり
神奈川 大木雪香
寒星の瞬きあへる浄土かな
大阪 菊池 稜
兼題-名和未知男・選
瞬きは冬の星座の嗚咽です
神奈川 鎌田保子
一瞬でも逢ひたき亡夫後の月
愛媛 武田友子
瞬くはよだかの星か賢治の忌
東京 宇井偉郎





2018年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月
定期購読のご案内
・毎月25日発売
・A5判
・定価1,200円(税込)
半年間 6,500円(700円お得)
1年間 12,500円(1,900円お得)
2年間 24,000円(4,800円お得)
定期購読は送料サービス

※定期購読割引は、直接小社にお申し込み戴いたお客様に限り、適用されます。その際、ホームページでお知りになった事をお伝えください。

※購読期間中に特別価格号が出た場合、 差額は当社で負担致します

・ご質問やご不明な点がございましたら、フリーダイヤル  0120-819-575、または、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。