巨星墜つ
―金子兜太氏死去す―

金子兜太氏について   「海程」主宰

戦後の日本を代表する俳人、金子兜太氏


戦後・平成を代表する俳人で、戦争などの社会問題を題材に伝統的な形式にとらわれない自由な俳句の世界を築いた金子兜太さんが、 20日夜入院先の病院で亡くなりました。98歳でした。

金子さんは大正8年、埼玉県秩父郡皆野町に生まれ、旧制高校時代に先輩に誘われ句会に参加したのをきっかけに俳句を始め、 東京帝国大学在学中に加藤楸邨が主宰する俳句雑誌「寒雷」に参加して本格的な創作活動を始めました。

戦争などの社会問題を題材に、季語や花鳥諷詠といった形式にとらわれない自由な作風を展開し、「前衛俳句の旗手」として活躍。 海軍の中尉として赴任した激戦の地・ミクロネシアのトラック島から帰る船の甲板の上で、戦死した同僚を思って詠んだ〈水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る〉は 代表作の1つとされています。

復員後、日本銀行に勤め、初代労働組合事務局長に就任するかたわら、戦争の悲惨さや人間の美しさを詠んだ作品は、戦後の復興のなか幅広い支持を集めました。

昭和37年に俳句雑誌「海程」を創刊して後継者を育てるとともに、昭和58年から17年にわたって現代俳句協会会長に就任。朝日俳壇選者。文化功労者・蛇笏賞・毎日芸術賞などを受賞。テレビでも「NHK俳壇」や「俳句王国」などの番組に出演して俳句の普及に貢献しました。

句集に『少年』『金子兜太句集』『両神』『東国抄』『日常』など。

金子兜太氏
俳人:金子兜太氏

金子兜太氏の代表句

過去の金子兜太氏のインタビュー映像