投稿日:

角川春樹 獄中俳句『海鼠の日』

角川春樹 獄中俳句『海鼠の日』のご紹介です。

したたる血は清水のごとく、

もがれた手足はたましいの旅のごとく。

 

刑務所の中で私は、千五百から二千の俳句を作った。刑務所というのは特殊な環境で、小冊子になるくらいの遵守事項があって、やってはいけないことが山のように書いてある。それを破ると、懲罰の対象になる。そして一回の懲罰で、仮保釈が四か月延び、二回で満期まで待たなければならなくなる。そういう不自由な生活、檻の中で俳句を作り、本を読む生活をしていると、活字に対する思いが切実になっていく。切実に本を読むし、切実に俳句を作る。そして、かなり深い部分にまで、考えが届くようになる。

<灌仏の日に獄を出る海鼠かな>

(「あとがきに代えて」より)

 

●目次●

積らぬ雪
海鼠の日
短き遺書
獄の時計

あとがきに代えて
スペシャルインタビュー

解説/角川春樹 未知の狩人  森村誠一

●本書より●

<母坐るところに春の風があり>
<海鳴りの聞こえて暗き海鼠桶>
<立春の夕日したたる鉄格子>
<かりがねに空あけてある大和かな>
<鶏頭に水のあかりや秋燕忌>


出版年月 2004年9月
ISBNコード 4-86173-058-9
税抜価格 1900円
頁数・縦 232P 19cm

 

ご注文は文學の森お問合せページまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です