2010 年 03 月刊行書籍
【 ベストセラーシリーズ 】
句 集 /
東城伸吉句集
著 者 /
東城伸吉
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
俳句は自由でありたい。 「どこにも借り物の言葉はないはずです」とは、水上勉最後の公式発言。私は自らを律するため、この一行を句手帳にメモして来た。師、松本旭は卒寿を越えても現役で、「生きることの証明」にと活躍されている。 不肖、私も更なる一歩を続けたい。
(「あとがき」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
歌垣の山
著 者 /
中村美枝子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
母の忌来 この白牡丹 ひらくとき
彼女は佐賀の出身だから故郷への思いの深さの伝わる句々がある。自身の成長と関わる土地への思い出・郷愁は、家族との結びつきを通してじーんと伝わってくるのだ。家族との関わりを詠んだ句がいい。
松本 旭
【 俳句界叢書 】
句 集 /
啄木鳥太鼓
著 者 /
原田竜子
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
ひこばえや 肋骨断ちても 生きんとす
平常の出来事とは決して言えない事柄の一句である。内容はとてつもなく急迫した事態である。しかし、それにも拘らず作者は、生命の力を信じて前へ進もうと覚悟したと言うのである。この句が支えとなって、原田竜子さんの俳句は今日まで続き、そのことによって、ご壮健で恙無く来られたのではないだろうか。
佐藤麻績
【 オリジナル句集 】
句 集 /
風紋
著 者 /
長石肇・長石啓子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
人影も 風紋も消え 灼砂丘
今年金婚式を迎えられるという肇さんと啓子さん。お二人の歩まれてきた五十年の足取りは、昼は日光、夜は月光を織り込んで描き出す砂丘の風紋に似ているのかもしれない。
名村早智子(「序」より)
【 女性俳人精華 】
句 集 /
海市
著 者 /
成田紫野
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
海市とは 逝きし子を追ふ 夢の距離
句集名は掲句から採ったものである。夭折の令息泰樹さんへの慟哭の母性愛の絶唱といってよい。涙せず読むことはできない。紫野さんの心を表白して秀句であることを読書誰もが認めるところである。
大高霧海
【 オリジナル句集 】
句 集 /
浮桟橋
著 者 /
篠崎久子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
しばらくは 柳絮を浴びて 話しけり
ご主人が各地を転任された関係で、久子さんもいっしょに各地をまわっている。 その各地の風土、生活に触れ得たことが、久子さんの人間性高揚となり、作品の充実に役立っていると言えよう。
松本 旭
【 オリジナル句集 】
句 集 /
土鈴雛
著 者 /
田島蔦子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
飾り足す 母の形見の 土鈴雛
お母さんから何かの折にいただいた土鈴雛なのであろう。 質素な品物であるだけに、その土鈴雛にまつわる作者の思いの深さが伝わってくるのである。
高橋悦男(「序」より)
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
虎符
著 者 /
山口 剛
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
繰返し巡りくる四季、その何年分かの螺旋の長さは均等ではなくて、夫々の季を生きる感覚と気分の特色、そして年代的推移が浮かび上がるのが興味ぶかい。 鰯雲 別れいうなら 糸電話 は、集中もっとも私の琴線に触れた、忘れ得ぬ一句である。
渋谷 道(「跋」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
梅真白
著 者 /
吉田道子
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
私家版
永年、「橡紅花俳句会」でご一緒させて頂いた吉田道子さんの第一句集である。 どの句も詩情豊かな清新な内容の句ばかりで、得難い句集である。
土肥巴浪
【 オリジナル句集 】
自解句集 /
秋が好き
著 者 /
北村直子
判 型 /
新書判並製・カバー装
価 格 /
私家版
句集『秋が好き』(平成19年)を出版して暫くした頃、俳句をやらない友人から「註釈した本を出して」と言われました。私の俳句は出版社の方からも、解りやすいと言われていたので、こんな本を出すとは思いもしませんでしたが、私がどんな時に、どんな思いで俳句を詠んだのか、解ってもらえたらと思い、三百句の中から百十七句を自解してみました。
(「あとがき」より」)
【 ベストセラーシリーズ 】
句 集 /
月光仮面
著 者 /
上窪青樹
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
洟や月光仮面世代なり
月光仮面は私たち団塊世代の幼少期の貧しく、やるせないモノクロの世界を色鮮やかにし、正義心や悪に屈しない精神を培ってくれた。十六歳から六十二歳まで休俳無く続けてきた俳句だが、句集という私の仮面の下に、少年時代の不安感や夢、時に高慢な心、そして憧れる穏やかな清貧の心などが、少しは表出しているであろうか。
上窪青樹
【 心に残る現代の俳句作家 】
句 集 /
雲雀の巣
著 者 /
品川純胡
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,762円(税抜き)
純胡先生の生き生きと楽しげに詠む姿に私たちは惹かれ、そして生まれてくる多くの俳句が作り出す純胡ワールドの明るさは読む者に生きる喜びを教え、生きる力を与えている。
大野素郎
【 オリジナル句集 】
句 集 /
童謡の日
著 者 /
河合寿子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
静かな句風の中に、諧謔の要素があるのを、私はずっと嬉しく楽しく共に学んで来た。上梓を心より喜び度い。
向笠和子

2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定
応募
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234