2011 年 09 月刊行書籍
【 俳句界叢書 】
句 集 /
遠浅間
著 者 /
古郡孝之
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
遠浅間昔ながら葱を掘る
孝之さんは遠浅間の山容をいつも眺めながら、幼少期・少年期・青年期を過ごした。「遠浅間」は孝之さんにとって心に焼き付けられた、忘れることのできない遠景の一つである。本句集の中核ともいうべきキーワードは故郷である旧新会村の風土と生家への郷愁(ノスタルジー)である。
大高霧海
【 オリジナル句集 】
句 集 /
チョークの欠片
著 者 /
赤井摩弥子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
朱夏といふチョークの欠片拾ひけり
赤井摩弥子さんは中学校教師である。自分の俳句活動と同時に、生徒の俳句指導にも熱心でその熱意と指導力とが高く買われている。すなおな表現の中に、その生活の誠実さと教師の日々が伝わって来る。
松本 旭
【 オリジナル句集 】
句 集 /
組曲「倭国」
著 者 /
星永文夫
判 型 /
A4判上製・函入り
価 格 /
2,800円(税抜き)
数えで七十七を迎えた一昨年五月、盛大に喜寿の祝いをしてもらった。そのお返しとして、一年以内に句集を編んで刊行するつもりであったが、いろいろあって遅れ、やっとこの夏纏まって、出版に漕ぎ着けた。満七十七の内に何とか間に合ったのは〈喜〉、その間手の骨折はあったが大病もせず、元気であったのは〈寿〉。沢山の方々の御支援あっての、この書と思っている。
(あとがきより)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
源氏の間
著 者 /
松園照子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
夏うぐひす声透き通る源氏の間
どの句も「風雅の誠」の一筋の道に繋がっており、清澄感が漂って、余情も深くなっている。それは作者の生きて来た姿の反映でもある。誠実で温雅な味わいのある句集となった。
鍵和田秞子(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
風のおと
著 者 /
河合憲子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
この句集にはたくさんの風が吹いています。ふるさと木更津の風はもちろん、大好きな吟行で訪れたそれぞれの土地での風。風に吹かれるままに、風のおとに耳を傾け、自然の中で自己を見つめながら作句してきました。
(「あとがき」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
天と地と
著 者 /
杉浦湖畔
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
はやばやと月出で鵙の眠りしや
今までは近くに毎日のように鵙の姿を見、はっきりとした鳴き声も聞くことが出来たのに、明るく月が上がって来たのに、もう鵙は眠ってしまったのかと惜しむ気持が出ている。
太田 嗟
【 オリジナル句集 】
句 集 /
さくらがい
著 者 /
井上菜摘子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,571円(税抜き)
桜貝わたくしといふ遠流かな
「桜貝」を主役とした遠き時間・空間をまず提示しながら、そこへ「わたくし」が強制的にわたくしを連れてゆき、しばしその時間・空間に止まらざるを得なくする。わたくしがわたくしに科した「遠流」である。このような時間・空間が作者の俳句地図では大きな分野を占めている。
豊田都峰(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
竹道
著 者 /
大里義孝
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
「俳句は向うの大きな自然から戴くもの」
森澄雄の理念を学びつつ、欠かさず〈杉〉へ投句されたが、かなしくも肺癌で死去、この一集は大里義孝の生きた〈証〉の遺句集である。
山本磯之介
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
蔵王峰
著 者 /
伊藤 笙
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
沙羅咲けり生きること即菩薩行
作者の一つの人生観が見えるようである。 各地の人々の生活に根ざした信仰や文化に触れ、またご自身の生まれ育った土地に止まって生きて来られた中からの感懐の一句であろう。
佐藤麻積
【 オリジナル句集 】
句 集 /
ゴリラの背中
著 者 /
尾崎人魚
判 型 /
文庫判並製・カバー装
価 格 /
952円(税抜き)
青ざめしゴリラの背中油照り
愉しい、わくわくするような作品が目白押しである。今回、俳壇デビューを果たしたわけだが、作品の新鮮さ、大胆さに私は新しい才能の誕生を確信している。
河内静魚
【 オリジナル句集 】
句 集 /
みちくさ
著 者 /
萩原玲香
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
父に似るとろろ汁吸ふしぐさまで
かぼそげな人なのに、玲香さんの俳句には堂々とした写生の芯が通っている。夫や娘や息子など家族を詠んだ句も、愛情にあふれていながら、情に流れず、存分に俳味が効いている。
辻 桃子
【 オリジナル句集 】
震災句集 /
白い戦場
著 者 /
角川春樹
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
今、詩歌立ち上がる!
今回の東日本大震災は「天災」と「人災」が引き起こした戦後最大の出来事である。東日本の被災地は、敗戦直後の日本そのものであり、福島原発の大事故は広島と長崎の原爆に直結する。今、東日本大震災後の日本の詩歌は、改めて、「何を、どう詠む」べきかが問われている。
角川春樹

2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定
応募
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234