2011 年 10 月刊行書籍
【 その他 】
評釈集 /
「初鴉」全評釈
著 者 /
倉田紘文
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
3,000円(税抜き)
素十の写生は「心の写生」である。一句の奥深くには、素十の心と結びついた「生命」が脈うっている。大自然と共に生きることの素晴らしさ、輝かしさ、即ち、絵でも空想でも理想でもない現実の姿、この尊い「生命の躍動」が『初鴉』の句の根元なのではなかろうか。
倉田紘文(本書より)
【 ミューズ選書 】
句 集 /
琴板
著 者 /
原 和子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
延々と単調に続く舞と琴板の響きは、古代よりの伝承のきびしさと、世にも美しい闇のあることを伝えてあまりある。わたしの第五句集となる『琴板』は、素朴に、五・七.五の世界に自分を解き放ち、詠みたいものを詠み継いだ。
(「あとがき」より)
【 イカロス選書 】
句 集 /
水の唄
著 者 /
豊田都峰
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
結社の主宰は作り続ける宿命にあるため、ありのままを評価してもらうより仕方がない。主宰の立場を崩すことがない形で、第九句集をまとめて『水の唄』と名付けて、三つ目の三部作完成と喜んでいる。
(「あとがき」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
象の骨
著 者 /
横山民子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
身に入むや荒野に還る象の骨
著者の詩への感性の確かさと、二十年間の精進がおのすと句集を出すまでに高揚したこの時が、最もいい機会と思える。
鈴木鷹夫
【 オリジナル句集 】
句 集 /
下北
著 者 /
畑中とほる
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
俳句は第二の世界を構築する。 眼前の自然や生活は第一の世界である。 それを凝視して発見し感動したことを、心の中で詩語として作り上げた作品は第二の世界である。
(「あとがき」より)

2019年| 8月7月6月5月4月3月2月1月
2018年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234
文學の森
  ※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」
{foreach from=$book item="shoseki" name="shoseki"}
{if (strtotime("now")-strtotime($shoseki.booknew) < 7*24*3600)}

{else}
{/if} {if $shoseki.series != ""}【 {$series_value[$shoseki.series]} 】{/if}
{$shoseki.kubun} /
{$shoseki.book}
著 者 /
{$shoseki.author}
判 型 /
{$shoseki.shape}
{if $shoseki.price != ""}
価 格 /
{if $shoseki.price != "0"}{$shoseki.price|number_format}円(税抜き){else}私家版{/if}
{/if}
{if $shoseki.haiku != ""}
{$shoseki.haiku}
{/if} {$shoseki.obi|nl2br}
{$shoseki.obiname}
{if $shoseki.trial != ""} {/if}
{/foreach} {include file="books_pub.tpl"}