2012 年 09 月刊行書籍
【 その他 】
句集・エッセイ /
凡夫婦
著 者 /
増記 隆
判 型 /
A5判並製・カバー装
価 格 /
私家版
父は生前に句集などはまとめておらず、それは本人にとっては句や文章が、まだ完成していないという意識があったからかもしれません。しかし、自身で完成させる機会が失われてしまった現在、このような書物を父が句の中に折々読み込んだ家族たちがまとめることを、泉下の父は、少し困った顔をしながら喜んでくれているものと思います。
(「あとがきにかえて」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
雪の果て
著 者 /
大井貞一
判 型 /
菊判上製・カバー装
価 格 /
私家版
晩成へ道は開きたり雪の果て
昨年の、春最後の雪の頃、我が家にとって最も記念すべき朗報が届いた。就職活動のまさに厳しい冬の時代を、すんなり抜け出してくれた孫。「お前は晩成型だ。急ぐな」と、常々言ってきたその晩成に向かっての、最後のハードルを見事に突破してくれた。私にとってこれ程うれしいことはなかった。私は、このうれしさと、我が家での春の訪れを記念して、その時の祝句の下五をとり、この句集を『雪の果て』と名付けた。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
海亀
著 者 /
花田いつ枝
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
長男との逆縁を詠んだ〈子の無念に勝る無念や楝の実〉を句集名とせずに、〈海亀課生まれし役場桜咲く〉から『海亀』としたところに、花田いつ枝の志を見る。 〈どつしりと象の居さうな雲の峰〉の句にある象(志)を身中に宿し、運命を愛し、運命を活かし切る。そして、ある限りの命、人生を俳句で詠み切る覚悟が伝わってくる。
松尾隆信
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
闌春
著 者 /
髙橋亜紀彦
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
幸せのやうに夏空褒める母
亜紀彦氏の母への深い心情が、この句集を『闌春』とした中にこめられている。 そして今、亜紀彦氏はこの句集をあらたな出発点として、俳人として力強く歩み始めている。
田付賢一
【 200句精選シリーズ 】
句 集 /
文箱
著 者 /
吉岡千都子
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,905円(税抜き)
酢の物にされて土筆の桃色に
掲句は対象をよく観察し、その思いを平明な言葉で表現しているが、そこに俳諧味が醸し出されていて思わず頬が緩む。だが、しばしば適切な取合せにより対象の真に迫る句を見せるのだ。「かつしか」創刊以前の十四年間の作品を棄て去って編んだ潔い第一句集である。
吉岡桂六
【 オリジナル句集 】
句 集 /
松の尾
著 者 /
久松久子
判 型 /
文庫版・ビニールカバー装
価 格 /
952円(税抜き)
現在は松尾と言われているが、歌枕の松の尾は松尾大社のことで、清少納言、兼好法師を始め数多くの歌人も松の尾として読み込まれている。亦、土地の呼称でもあった。現在も神職の方や土地の人は、松の尾と昔のままに呼び合っている。句集名も表紙が古地図なので敢えて『松の尾』とした所以である。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
帰郷
著 者 /
德淵 富枝
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
日盛りも納戸は神のかくれ部屋
德淵富枝さんの取材範囲は広い。 ことに北松地区・平戸・生月島を中心とした作品は、抽んでて高い。
伊藤通明
【 オリジナル句集 】
句 集 /
鷹柱
著 者 /
渡辺過雁
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,667円(税抜き)
底抜けの天に立ちたる鷹柱
平成六年~二十三年までの二八四句を収載。 山口誓子命名の俳号と共に歩み続けた、句歴六十五年の「生きた証」。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
親鸞
著 者 /
山本則男
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
真っ直ぐな道のありけり親鸞忌
俳句表現に覚悟を決めた山本則男氏の心を占めているのは親鸞という。どのような作品に結実してゆくのか楽しみなことである。
伊藤通明

2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234