2014 年 04 月刊行書籍
【 心に残る現代の俳句作家 】
句 集 /
花象
著 者 /
塚原 哲
判 型 /
四六判上製・函入り
価 格 /
2,762円(税抜き)
今まであまり書棚の本を手に取ったことがなかったのですが、片付け始めてあまりにも多い本や雑誌、その他の資料に、主人の俳句への情熱や、拘りが少しわかったような気がいたします。男の隠れ家のような空間で、俳句三昧の生活を送り、夕方からは自宅で家庭的な生活も少し味わい、贅沢で幸せな晩年だったのではないかと思っております。
塚原貞子「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
佐保姫
著 者 /
秋山幸子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
故郷の野川細りて草の花
「野川細りて草の花」は、いかにも平凡な措辞だが、そこには故郷を離れた年月があり、肉親や友人、土地への愛情があり、さらに記憶と現実との違いに驚く自分までもが表出されているのである。まことに尊い「草の花」ではないか。
山本一歩(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句文集 /
愛の泉
著 者 /
小川 愛
判 型 /
新書判並製・カバー装
価 格 /
1,800円(税抜き)
今生きて生かされ木の芽風に立つ
愛さんの生命力の強さに加え、まわりの方々の並々ならぬ愛の支えがあればこそ。信仰と俳句と心厚き人々に囲まれた生活が長くつづきますように。
名村早智子
【 イカロス選書 】
句 集 /
仏徒
著 者 /
久保田豊秋
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
ゆきずりの仏徒となれり寒参り
俳句を作りはじめて四十年余りになる。思えば、よき師よき友に恵まれたと思う。「楷樹」となってからは、足利の一地方誌として「火屋」の合言葉であった“ランプの灯を曇らしてはならぬ”を、細々ながらも守っている。
(「あとがき」より)

2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定
応募
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234