2014 年 05 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集  /
一位の実
著 者 /
飯田浦子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
私家版
一位の実赤き見ずして逝きにしよ
「オンコ」とは、北海道の方言で「一位」のこと。
亡夫との思い出の木に寄せて綴る、生活のうた。
【 俳句作家選集 】
句 集 /
菜の花明り
著 者 /
竹内信行
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,571円(税抜き)
二世紀を生きたぞ屠蘇を酌む
この句集は信行さんの生きてきた証です。でもそれだけではありません。信行さん、幸子さん夫婦の生きてきた愛情の証、家族の愛情の証でもあるのです。この句では「妻よ」と率直に喜びを分かち合う仲の良さに、うらやましくなるくらいです。
西池冬扇(「序文」より)
【 合同句集 】
合同句集 /
信濃俳句通信
著 者 /
信濃俳句通信
判 型 /
A5判並製・カバー装
価 格 /
私家版
九十歳で芽が出た詩人の柴田トヨさん、百歳で世間をにぎわせたきんさん・ぎんさんがいました。もしかして私たちの仲間からゴールドの芽を出される方がいるかもしれません。まだまだ夢は広がります。こうして三五〇号に参加してくださった皆様に感謝するとともに、益々のご健吟を祈ります。
【 オリジナル句集 】
句 集 /
弦楽四重奏曲鎮魂作品1
著 者 /
馬場吉彦
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
母逝きて花種残す枕上
総句数は二〇〇句。
全て未発表句で構成されており、名づけて『弦楽四重奏曲鎮魂作品1』とした。
(あとがきより)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
桃の花
著 者 /
香江涼子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
諍ひの後柚子風呂に二人して
千百五十句からの選句だったが、これほどに心躍りをして選んだのも珍しい。とにかく全てと言ってよいくらいに、香江涼子さんの句が明るいのである。右の句など、柚子風呂でのふたりのあっけらかんとした会話が、笑い声が聞こえてくる。
茨木和生
【 女性俳人精華 】
句 集 /
夏百日
著 者 /
大門美智子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
菠薐草七十路なかなか根は紅し
この決定的作品をならしめたのは、大門美智子さんの環境と、そこに生きてこられた中に生じた情念によるものであろう。種を蒔き育て収穫する、そして得た。生きている菠薐草にご自身を見ているのであろう。「根は紅し」は金輪際のご自身なのである。
佐藤麻績
【 ミューズ選書 】
句 集 /
石の眼
著 者 /
折井紀衣
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
夕空の濁りはじめし慈姑かな
これからは。はっきりはしない自分の中で変わっていったものは何か、時間をかけて考えていきたいと思います。俳句が、やがて応えてくれるような気がします。
(「あとがき」より)
【 ベストセラーシリーズ 】
句 集 /
少年
著 者 /
櫻井キミ子
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,476円(税抜き)
少年の目を真つすぐに合格す
氏は剣詩舞の名手であり、それは実に凛々しい。「白虎隊」を踊ったときだと覚えているが、表情が少年のように思えたことがある。句集名を『少年』としたのも、そうしたイメージを大切にしてのことである。
今瀬剛一
【 平成俳人群像 】
句 集 /
バカラのグラス
著 者 /
牧野星純
判 型 /
菊判上製・カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
乾杯はバカラのグラスクリスマス
「海は荒海向こうは佐渡よ」
北原白秋の詩『砂山』は、新潟市寄居浜のもの。それに続く関屋浜から佐渡島が手の届きそうなところに、夕日に染まった島が海に浮かぶ。ざわめく日本海の荒波。作者の乾杯の歌に、バカラのガラスがきらりと。
山咲一星
【 オリジナル句集 】
句 集 /
箪笥
著 者 /
若森京子
判 型 /
文庫判上製・函入り
価 格 /
2,500円(税抜き)
「紬の京子」と俳句仲間から言われている。着物好き、そして、箪笥好き。
畳のさっぱりした箪笥の部屋に坐って、この人の感性は更に豊潤。
金子兜太
【 その他 】
評伝集 /
天田愚庵の生涯
著 者 /
川嶋隆史
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
1,429円(税抜き)
私は吟行会とは別に計画を立て、天田愚庵にかかわりをもつ寺を巡礼のように訪ねながら回向したが、その折貴重な史実や遺墨にふれて、点が線に繋がるところがあった。(中略) 後に、「京都における愚庵」と題し小文を書いたが、事歴を追うことに力点があって、その日その時の愚庵の表情が描けていないことを痛感したばかりか、いくつかの補足・訂正箇所があり、決して満足できるものではなかった。『天田愚庵の生涯』は、それらの反省をふまえ、改めて天田愚庵に近づきたいと思ったものである。
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
生々流転
著 者 /
西本 幸
判 型 /
四六判並製・カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
蓮枯れて流転の力根に残す
「流転の力」に到達した洞察力、さらに「根に残す」の発見で蓮の生命力が生き生きと甦り、脱帽に価する名作となったのである。
三枝青雲
【 俳句作家選集 】
句 集 /
母の家
著 者 /
折原ゆふな
判 型 /
四六判上製・カバー装
価 格 /
2,571円(税抜き)
身ほとりに母の来てゐる夕蛍
見守り、手をさしのべて、存分に生きていただいた母。その母への愛惜。その愛が本句集の底流をなしていることは言うを俟たない。感動の一書である。
落合水尾(「序」より)

2017年| 9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
第16回山本健吉賞決定

あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234