2018 年 06 月刊行書籍
【 オリジナル句集 】
句 集 /
草笛
著 者 /
廣野ふえり
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
草笛や無口な夫の饒舌に
廣野さんの句集『草笛』を通読して、まず感じたことは、御主人を詠まれた「夫」の句が多いということである。今まで多くの句集を読んできたが、これだけ御主人のことを詠まれた句集はなかったと思う。単に句数が多いばかりでなく、目に立つ句も多い。
高橋悦男
【 オリジナル句集 】
句 集 /
祝祭
著 者 /
中村重義
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
3,000円(税抜き)
薄明の森が放てる黒揚羽
既刊の句集として『金属音』(平成三年刊)と、『虹の橋』(句歌集・平成十八年刊)の二冊があるが、この『祝祭』にはそれらの一部も収載しているので、ほぼ全句集と言ってもよい。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
埋火
著 者 /
左近司いをぎ
判 型 /
菊判並製/カバー装
価 格 /
2,800円(税抜き)
掻き立てて埋火ぬくし母の忌や
母在りし生活(たつき)には炭と火鉢があり熱灰をかけて鉄びんがかけられていた。暖をとる時にはその灰を払い除け赫々とした炭火に冷たい手をかざした。母は晩年気弱になり余寒の一燈に炭火を守りながら私の帰宅を待っていてくれた月日でもあった。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
水の伝言
著 者 /
師岡洋子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
緑蔭に運ばれてゆく譜面台
プール出る鬣のごと水をひき
譜面台の句にみられる絶妙な取り合せ。鬣の句の巧みな比喩。何が俳句になるかを直感でつかみとる力のある作者である。『水の伝言』には師岡洋子さんの豊かな詩の世界が詰まっていて、読者の心を魅了する。
柴田多鶴子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
江戸手拭
著 者 /
市川栄司
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
春風や江戸手拭に鯨の眼
市川栄司さんの第二句集『江戸手拭』は、栄司さんが長年大切にしてきた「江戸の粋」と「京の情緒」を軸に構成されている。
大都会の、それも庶民によって育てられ守り抜かれてきた「日本の美」がこうして、手元で再生されることの愉しさはじつに贅沢なことだといってよい。
加古宗也
【 200句精選シリーズ 】
句 集 /
私の四季
著 者 /
小笠原妙子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
1,905円(税抜き)
職退きし後は俳句と花の旅
この句集からはどんな時も初心に戻る妙子さんの素直で率直なやわらかな心情を汲み取ることが多かった。
妙子さんはまだまだ詩囊に溢れているから、この句集が俳句とともに生きていく一歩になることを願っている。
若泉真樹(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
一鰭
著 者 /
石井鐐二
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
塩引の一鰭食うて家長なる
「童子」に入ってからの鐐二さんの句は、どれも完成されていた。俳句は作っていなかったが、長い間みやさんの傍らに居て、俳句脳が働いていたのだろう。鐐二さんには驚かされることばかりだ。鐐二さんの脳には、まだ自分でも気がつかない未知の領域があって、そこに知らない力が眠っているにちがいない。
辻 桃子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
夏夕日
著 者 /
河内静魚
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
1,852円(税抜き)
美しきところへ沈む夏夕日
句集名の「夏夕日」は、そんな都心のぶらつきの中から浮かび上がった。夏夕日の色彩の氾濫は、自由で気ままな身に、こよなき観想の場を提供してくれた。
「あとがき」より

2019年| 8月7月6月5月4月3月2月1月
2018年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月
句集自費出版の説明へ
俳句界ニュース LINE
恋する俳句
め~る一行詩
あなたの記念の一句を、日本酒、ワイン、焼酎のラベルに刻印(浮彫/平彫 金仕立)します。詳細は、こちらへ。
光明兼光本店 姫路市飾磨区構5-198
TEL:079-234-1234
文學の森
  ※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」
{foreach from=$book item="shoseki" name="shoseki"}
{if (strtotime("now")-strtotime($shoseki.booknew) < 7*24*3600)}

{else}
{/if} {if $shoseki.series != ""}【 {$series_value[$shoseki.series]} 】{/if}
{$shoseki.kubun} /
{$shoseki.book}
著 者 /
{$shoseki.author}
判 型 /
{$shoseki.shape}
{if $shoseki.price != ""}
価 格 /
{if $shoseki.price != "0"}{$shoseki.price|number_format}円(税抜き){else}私家版{/if}
{/if}
{if $shoseki.haiku != ""}
{$shoseki.haiku}
{/if} {$shoseki.obi|nl2br}
{$shoseki.obiname}
{if $shoseki.trial != ""} {/if}
{/foreach} {include file="books_pub.tpl"}