恋する俳句

恋する俳句 優秀作品 2018年7月締切

片恋は香水の名を当てしひと   石原百合子
仲直りつかず離れず熱帯夜       初花
しあわせの形それぞれプチトマト  城内幸江
間をおきてバツイチと言ふ夜の秋  吉良水里
寄り添ひて小声になるや蛍の夜  佐久間清観
扇風機二人の気持ち邪魔をして   土谷 純
くちなしの甘い香りに手をつなぎ  てっしん
手を繫ぎ花火の余韻持ち帰る    波切虹洋
餌をやる彼の名をもつ出目金に    比々き
移り香のほのかに残る夏衣     百名 温
あなたとの距離縮まらぬ踊りの輪  南風紫蘭
表札は二人のままに夏深し    ようちゃん

文學の森 ホームページへ