め~る一行詩 優秀作品 2018年3月20日締切分

春の空小鳥は屋根で詩を作る    城内幸江
春の空欠伸は雲になりにけり    城内幸江
海風や卵からめてしらす丼     根本葉音
産土神御座した辺りかげろへる   三泊みなと
いごつその一本勝負初鰹      悠
春月や胎児ごぼりと向きを変え   吉良水里
散骨の舞ひつ消ゆるや春の海    村上ヤチ代
いつの間に満開の花徹夜明け    幸野 蒲公英
日本一小さき天守や花浄土     山畑洋二
こんなにも近くで桜並木見て    堀 史乃

文學の森 ホームページへ