投稿日:

坂口昌弘『平成俳句の好敵手』

坂口昌弘『平成俳句の好敵手』のご紹介です。

俳句は、俳人のいのちと魂の姿である。

 

前著を含めて今までに六十組・百二十人の比較をして、すべての俳句観は対立した関係ではなく、お互い相補性の関係にあることを深く理解できるようになった。

多様性に満ちた俳句作品・俳句観がお互い対立するのではなく、相補性を持ってこの世に存在して俳人の生命を表現している。

(本書より)

 

●目次●

後藤比奈夫VS和田悟朗―――ものVSこころ
森澄雄VS金子兜太―――命を運ぶ虚VS生き物感覚
眞鍋呉夫VS宗左近―――小説家の俳句VS詩人の「中句」
鷲谷七菜子VS津田清子―――情念の美意識VS無為無方のユーモア
廣瀬直人VS福田甲子雄―――地方性と土着性
加藤郁乎VS角川春樹―――亡き人々の魂鎮め
大峯あきらVS有馬朗人―――哲学者と物理学者にとっての俳句
黛執VS山上樹実雄―――自然といのちの象徴
宗田安正VS齋藤愼爾―――永遠を求める批評精神
稲畑汀子VS山田弘子―――雪月花の時に最も君を憶ふ
鍵和田秞子VS池田澄子―――詩性と批評性
矢島渚男VS茨木和生―――古典性と歴史性
宇田喜代子VS黒田杏子―――季語の背景と季語の現場
姜琪東VS李正子―――恨と怨――生まれたらそこがふるさと
宮坂静生VS大串章―――原始感覚的抒情VS純粋抒情
大木あまりVS寺井谷子―――ロマンティシズムVS発想の自由
辻桃子VS西村和子―――写生と実感の奥に秘められたもの
……ほか


出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-86438-063-8
税抜価格 2500円
頁数・縦 428P 19cm

 

ご注文は文學の森お問合せページまで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です