新刊情報

まきの幟

【オリジナル句集】
句集/まきの幟
著者/熊谷みつ子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

里山にまきの幟や十二月

<p><span>木村蕪城先生の教えのままに四十年、風土に涵って風土を詠ってこられたみつ子さん。いつも穏やかで優しいみつ子さんが、この上梓を機に仲間と共にますます研鑽されることを願ってやまない。</span></p>
<div align=”right”>古田紀一「序」より</div>

邑美野

【オリジナル句集】
句集/邑美野
著者/平田徒長子
判型/四六判並製/カバー装
価格/2200円(税抜き)

鳥追ひや父祖の代より農に生く

美しい邑美の地の薫りがほのかに立ちのぼるようなこの句集は、徒長子さんの温雅なお人柄と風貌を彷彿とさせ、生徒に優しく向き合われる姿、農業に勤しまれる姿をも想像させる。

長島衣伊子「序」より
美しき重力

【オリジナル句集】
句集/美しき重力
著者/山中悦子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

美しき重力谿へ藤の房

本書を一読してお分かりのように、作者の主観、感性が満ち満ちた句が多いことにお気づきかと思う。俳句全てが余所行きなものではない。お化粧などしていない、作者の思想、生き様、教養が遺憾なく感じられる一書なのである。『美しき重力』は生の山中悦子そのものである。

渡辺徳堂「跋」より
不知火

【オリジナル句集】
句集/不知火
著者/吉岡乱水
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

不知火や一揆哀歌のありし海

私の故郷は島原半島で、島原の乱でほとんど壊滅した後に再生した悲劇の土地です。滅びた者たちの怨念の灯ではないでしょうが、有明海には不知火が立ちます。悲しい半島の歴史にあやかり題名を『不知火』としました。

「あとがき」より
湖を出る川

【その他】
句集/湖を出る川
著者/如月真菜
判型/四六判並製/カバー装
価格/1800円(税抜き)

芭蕉とかけめぐる近江

この「川」は琵琶湖から流れでるたった一本の川であり、また芭蕉、虚子、爽波から如月真菜へとつながる。俳諧の一本の流れでもある。

辻桃子より
老春

【令和俳人叢書】
句集/老春
著者/松岡耕作
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

老体もスキップしてみる春の道

第一句集『転がる桃』を刊行してから、あっという間に十八年の月日が流れた。目下卒寿を前に、句集名のとおり「老体」をいかに楽しむか、思い巡らしているこの頃である。

「あとがき」より