新刊情報

独行

【オリジナル句集】
句集/独行
著者/杉山昌平
判型/四六判並製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

独行の蟻が突っ切る蟻の道

働き者の代名詞の「蟻」の世界が具現のことを多とする。昌平氏は万事に行動力(動の人)であることは、集中の句々が雄弁に語って余りある。島村 正(「序」より)

去年今年

【オリジナル句集】
句集/去年今年
著者/木村眞知子
判型/四六判並製/カバー装
価格/1800円(税抜き)

夕焼がさめゆくなにもかも遠し

このようにこころから温まる句集も珍しい。やさしく上品な眞知子さんのオーラが全句を覆っているからでしょうか。この句集を囲んでご家族が談笑している姿をふっと垣間見たくなります。

河内静魚
蠟梅

【オリジナル句集】
句集/蠟梅
著者/若森京子
判型/文庫判上製・函入り
価格/2500円(税抜き)

蠟梅やシルクロードの荷をほどく

この人は、俳句の世界の中でずっと生きてきて、今関西の方の新聞の選者になっている。関西というところは、おもしろい俳人が多い所だから、そういう中で選ばれるのは若森の才能だ。

金子兜太
緋の色

【オリジナル句集】
句集/緋の色
著者/酒井英子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

緋の色を根より授かり染始
黒南風や天気図を貼る染工房

うっかりすると見落としてしまいそうな「染め」の勘どころをぴたりと押さえた句だ。教員・主婦・福祉の人、そして、染色家。さらに俳人とめまぐるしい日常を過ごしながら、社会問題にも関心を怠らない人、それが英子さんなのだ。

加古宗也(「序」より)
新樹光

【オリジナル句集】
句集/新樹光
著者/藤戸紘子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

尾羽引き孔雀の歩む新樹光

紘子俳句は初心時代から徐々に変化を見せ、表面的な写生から。ものの命をねんごろに詠むようになる。俳句を始めて、まだ十四年。紘子俳句は今後、さらに深みを増すに違いない。

田島和生
初堰の日

【オリジナル句集】
句集/初堰の日
著者/五味澄子
判型/四六判上製/カバー装
価格/私家版円(税抜き)

初堰怠け心をいさめをり

初堰は一月八日、八ヶ岳を水源とする水利権を見回る一年のはじめの行事で、今年も始まる緊張感を詠んだ句に実感がある。山を財産区に持つ山村では、町住みの者には計りかねる長い伝統の中で培われた連帯感がある。

宮坂静生(「序」より)