新刊情報 – ページ 4

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 4
桐の花

【オリジナル句集】
句集/桐の花
著者/秋山れい
判型/四六判上製/カバー装
価格/2545円(税抜き)

いつまでもあなたの子です桐の花

かつて女の子が生まれると桐の苗木を植え、お嫁にゆく際にその木を切って嫁入り道具の桐箪笥を作るという風習があった。お母様を想い詠まれた句<いつまでもあなたの子です桐の花>には、桐に象徴される子を想う親の愛と、それに応える秋山さんの想いが込められている。

長島衣伊子
光る雪

【オリジナル句集】
句集/光る雪
著者/斎藤信義
判型/四六判上製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

最北の地にちりばめむ光る雪

『氷塵』『雪晴風』に次ぐ『光る雪』は、著者が目指した『雪』三部作で、北辺の俳人たらむとする意欲溢れる句業の証である。

平面と立体

【オリジナル句集】
句集/平面と立体
著者/佐々木紺
判型/四六判上製/カバー装
価格/2300円(税抜き)

落ちながら謀反のにほふ白椿

本当は全部、すみずみまで鮮やかに覚えていたいし、何も残らなくなるまで忘れてしまいたいのです。俳句をつくるときはいつもどこかでそう思っています。

(「あとがき」より)
羊歯明り

【オリジナル句集】
句集/羊歯明り
著者/福田優子
判型/四六判上製・函入り
価格/私家版円(税抜き)

羊歯萌えて古道明るき熊野かな

彼女は山野の動植物が大好きで、それらを求めて各地を歩き回っておりました。熊野地方は羊歯の種類が日本一であり、彼女は羊歯の句をたくさん残しました。

福田衆一
暦日

【ミューズ選書】
句集/暦日
著者/中村姫路
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

芽吹き初む前山やさし師の故郷

自然破壊に歯止めのない中、まだ自然を詠むのか、詠めるのか、と言われそうですが私は詠みます。自然を詠んでいれば間違いないと思うのです。長い年月、一人の師に俳句を学ぶことができたことは、この上なく幸運なことでした。また俳句は人間の生き方を教えてくれました。

(「あとがき」より)
約束

【オリジナル句集】
句集/約束
著者/上原康子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

ほほゑみは言葉のひとつ春を待つ

一貫して流れる優しい言葉づかいや思い入れに作者の人柄が滲み出ている。その人柄が作り上げている句集ではないだろうか。

水田むつみ