新刊情報 – ページ 7

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 7
青

【イカロス選書】
句集/青
著者/高﨑公久
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

冬泉青を重ねる深さかな

到達点のない俳句世界に携わったことが幸か不幸かは、これからの己の態度に掛かっていると思っている。「蘭」創刊五十周年に当る年であり、これからもひたすら前進してゆくしかないと、覚悟している。

(「あとがき」より)
幻を視る

【イカロス選書】
句集/幻を視る
著者/中川屺城子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

雪原に幻視んと鹿の佇つ

句集『幻を視る』は硬派、屺城子の曼陀羅である。ここには、北九州若松の気風を纏い、神仏の国に育った男の美学と矜持がある。今がある限り、どこまでも「幻」を追い続けて欲しいものだ。

「天籟通信」代表 福本弘明
囀り

【オリジナル句集】
句集/囀り
著者/上山トキイ
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

囀りや松の影ある沼空碑

風土へ寄せた自然詠。「松の影ある」は俊抜の観照。「沼空碑」は能登羽咋の砂浜の木影に建つ「折口信夫」の墓碑である。師弟愛に満ちた碑銘は、一世紀弱隔てた今でも熱く胸を打つ。いつか俳人協会北陸大会で成田千空氏の特選となった句である。代表作としていいだろう。

千田一路
ハイタッチ

【オリジナル句集】
句集/ハイタッチ
著者/北村文江
判型/四六判並製/カバー装
価格/2000円(税抜き)

富士山にハイタッチして卒業す

句集名『ハイタッチ』は、ウォーキングコースに小学校の校庭から世界文化遺産の「富士山」が見えます。富士山が一人一人に語りかけるそんな状景を想像してみました。

(「あとがき」より)
姫だるま

【オリジナル句集】
句集/姫だるま
著者/後藤喜志子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

年惜しむ姫だるまなるおちょぼ口

竹田市には江戸時代からの工芸張り子の「姫だるま」がある。「おきゃんがるさん」と呼ばれた縁起物だ。喜志子さんはこのおきゃんがるさんが「本当にかわいいのよ」といって、これを句集の名に選んだ。そういえば、このお姫様はどことなく喜志子さんに似ている。

辻 桃子
マネキン

【オリジナル句集】
句集/マネキン
著者/山本鬼之介
判型/四六判上製/カバー装
価格/3000円(税抜き)

マネキンを目白へ運び冬霞

昭和四十七年十二月某日朝、真新しいマネキン人形に遭遇したことが、以後今日まで、俳句と深く係わり合う切っ掛けとなった。夢語り的な言い方になるが、俳句の神様がマネキンに身をやつし、その当時。身辺俳句からの脱却に悩んでいた自分に掲示を与えてくださったのではないかと思っている。

(「あとがき」より)