新刊情報 – ページ 3

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 3
雲の峰

【オリジナル句集】
句集/雲の峰
著者/宮下めぐみ
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

こころざし高く持つべし雲の峰

宮下めぐみさんの真っ直ぐな心情がうれしい。郷土、伊豆下田の自然・歴史を愛した句は自信に満ちている。力強い。何気なさを詠んだ情景句にも、立体感がこもっていて、祈りがある。その創造の賢明さが、句集『雲の峰』の魅力である。明るい未来を期待したい・

「浮野」主宰 落合水尾
沢瀉

【その他】
句集/沢瀉
著者/矢野悌子
判型/四六判並製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

幼子の目の高さまで身をかがめ今宵の三日月ともに眺むる

歌の基盤は日常に据えながら、詠む対象は多岐に亘っております。ものを観てのその感慨は、やさしい言葉でそして丁寧に詠まれており、読み手の心はその表現にひき込まれてしまいます。

塚本瑠子
虹の詩音

【オリジナル句集】
句集/虹の詩音
著者/あそひみ子
判型/変型判上製・函入り
価格/2000円(税抜き)

アスファルトに爆音蜃気楼逃げるから

およそ文芸というものは、未確認の自己を表出し。新しい自分を造型する、それを目的とするものだ。そのためには奔放・自在がどうしても必要、それなくて<創造>はできないのだ。ひみ子はそれに賭けて<うた>をつづけて来たものと思う。今はまだ未完だが、異彩は十分に放っている。

星永文夫(「序」より)
風のあと

【オリジナル句集】
句集/風のあと
著者/後藤むつ子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

むらさきの奈良の古墨よ夕薄暑

かつて激しくあった心は、年月を経て、静謐な場を知り穏やかな生命の姿が見えたのであろう。書家として俳人として存分に、あるがままを成して行かれることだろう。

佐藤麻績
後光

【オリジナル句集】
句集/後光
著者/尾籠宏子
判型/四六判並製/カバー装
価格/2000円(税抜き)

ほうたるの眠りし夜半の水明り

宏子さんの「不易」すなわち「後光」は五千石俳句であり師の説かれた詩精神であろう。それを一途に信じ、学びを深くする宏子さんの日常は明るく、常に新しい世界が開示されている。

上田日差子
春の雪

【オリジナル句集】
句集/春の雪
著者/大沢綾子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

夫の遺影胸に外に出る春の雪

『春の雪』は鎮魂の句集である。と同時に大沢さんにとって人生の一つの大きな区切りになったと思う。今後は、過去の悲しみは悲しみとして、自らの人生を見つめ、新しい自分の生き方を見つめなければならない。俳句はその良き伴侶となってくれると思う。

高橋悦男