新刊情報 – ページ 3

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 3
絆

【オリジナル句集】
句集/絆
著者/橋本幸明
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

はらからの秋の夜を来て誘われ

いつか自分自身の円につながるものの句集を出したいものと目論んだ。人生残り少なくなったが、ここでふんばり勇気をもって『絆』と命名し上木する。

橋本幸明
素馨

【オリジナル句集】
句集/素馨
著者/尚野頼子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

仕立よき半生誂へ踊るなり

自分の故郷ながら九州の一寒村はまことに美しく様々の宝を秘めている。日頃無関心であった事に申し訳なく思う程である。芦屋の海岸の砂鉄で作られた芦屋釜は戦国武将の愛好品であった。秀遠一族も絶え城跡はかろうじて海に消えそうな気配を数本のさくらによって支えられている。人は死に又生きてくる。どんな芦屋になるだろうか。

(「あとがき」より)
メビウスの帯

【オリジナル句集】
句集/メビウスの帯
著者/櫻井波穂
判型/四六判並製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

生と死はメビウスの帯星月夜

死者を愛する生者の内面で、死者はよみがえる。二人で歩んできた人生は、表面上は一人で歩む人生に変わったが、その一人が生き続けている間、これからも二人の人生は続いてゆく。あたかもメビウスの帯のように……。

松尾隆信(「序」より)
畑が呼んでゐる

【オリジナル句集】
句集/畑が呼んでゐる
著者/影島智子
判型/四六判上製・函入り
価格/2700円(税抜き)

初つばめ歩けるうちに旅せよと

俳句人生の六十年もあっという間の出来事でした。俳句の道が太いパイプとなって、今に繋がっていることは本当に嬉しいことです。初学の昭和四十年頃、大野林火先生にいただいた言葉ですが、〈明るい農婦を詠みなさい〉の一言が今に繋がっているのです。

(「あとがき」より)
泰山木

【女性俳人精華】
句集/泰山木
著者/山本敏子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

雲の上泰山木の花ひらく

磨き培われた美的センスによって具現された句の何と眩いことか。一集には寺領特有の抹香臭さがないのが不思議なくらいである。そこに敏子さんの有する天性の資質(才)、センスによってクリエートされた固有の世界が息衝いている。

島村 正(「序」より)
椅子

【イカロス選書】
句集/椅子
著者/三井量光
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

葉桜の椅子青年に空けておく

一考先生ご逝去のあと、試行錯誤しながら求めてきた俳句が自分なりの形になったとの思いのある句です。今は亡き先生の許しを得て、「真紅の椅子」にかけたいとの願いでもあります。

(「あとがき」より)