新刊情報 – ページ 2

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 2
夏小菊

【イカロス選書】
句集/夏小菊
著者/祢宜田潤市
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

高原の夏の小菊を花束に

創刊以来の「芳醇なる抒情」は勿論、「変わらずにいること」をしっかり踏まえ、「変わってゆくこと」を大切にし、「無季、空想」俳句にも試作を重ねていきたいと「圓」のコンパスに掲げておられる。新しい未来の扉を開け力強く羽ばたく主宰。これから益々可能性を秘めた作品群が出現するに違いない。

村田まみよ
生命のかたち

【オリジナル句集】
句集/生命のかたち
著者/片岡信代
判型/四六判上製/カバー装
価格/私家版円(税抜き)

一陣の風千本の花吹雪

信濃は自然が豊かで、美しい命や詩心を育む詩浄土である。信代さんの句集には、自然を深く見、命をいとおしむ情が色濃く流れている。上田の地に腰を据え、生物の研究者として大地と共感して生きてきた一歩一歩の足跡の確かさが力強く弾むように詠まれている。

石井いさお
まっさら

【令和俳人叢書】
句集/まっさら
著者/菅原くに子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

真っ新な音で突かれし紙風船

くに子さんは何が起ころうとその時々、まっさらな心でいたいのだ。人が強く願えば、神や仏はその願いをかなえてくれる。くに子さんは今までもこれからも穢れなき「まっさらな人」である。

和田華凜
旅信

【オリジナル句集】
句集/旅信
著者/五明 昇
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

烏賊火燃ゆ遠流の島を遠巻きに

大の旅行好きで国内外の旅行経験が豊富であるから、水を得た魚の様に、その土地の風物や人情を確りと俳句の世界に納めている。一読すれば読者もその場所に瞬間移動してしまうのだ。

山本鬼之介(「序」より)
梅ひらく

【令和俳人叢書】
句集/梅ひらく
著者/梅津大八
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

梅咲いて特に主張はなかりけり

梅は「梅津」の自己PRでもある。梅は寒い冬から春へと移る先駆けである。句も多かった。第一句集は物心ついてからこの方。六〇年もの様々な事柄、思いに触れる中でまとめたが、今回は四年分の俳句との付き合いを三二〇句並べることにした。

(「あとがき」より)
夜想曲 歩行 作品4

【俳句ライブラリー】
句集/夜想曲 歩行 作品4
著者/馬場吉彦
判型/四六判並製/カバー装
価格/3000円(税抜き)

佐保姫をそそと逃げるるうつ田姫

本句集は十五の番からなっている。これは大会参加の応募の記録であり、詠草である。その土地への挨拶であり、旅の記録でもある。全三〇〇句。『夜想曲 歩行 作品4』と名付けた所以である。

(「あとがき」より)