新刊情報

花檸檬

【オリジナル句集】
句集/花檸檬
著者/江副史湖
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

花檸檬触るればこぼる日は西に

母、明子さんが亡くなられたあと、明子さんの主宰をしてみえた「卑弥呼」を継承主宰され、そのかたわら「福岡俳句文学協会」の事務局長を務められた。このように、これまで俳句に注がれてきた並々ならぬ情熱は、今なお衰えることを知らないようだ。

坂口緑志
薔薇は薔薇

【ミューズ選書】
句集/薔薇は薔薇
著者/安藤喜久女
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

定命や娑婆は娑婆つ気薔薇は薔薇

昭和の世代として、戦争があり、阪神淡路大震災で罹災し、家を失い再建した等、記憶を蘇らせてみると、いつも大真面目に生きてきました。これからは愉快に遊びごころたっぷりに生きてみようと……。そこで出来た句を句集の標題としました。

著者
火球

【オリジナル句集】
句集/火球
著者/福島せいぎ
判型/四六判並製/カバー装
価格/2200円(税抜き)

熱帯夜火球の迫る夢今も

「火の玉」に追われるように逃げた空襲の怖さは忘れることができない。人が人を殺すことの愚かさを宗教者、俳人の一人として、死ぬまで問いつづけていきたい。これからも、人生を前向きに、夢に向かって、明るく生きることを目指したい。

(「あとがき」より)
山の子

【オリジナル句集】
句集/山の子
著者/横山遊邦子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

山の子の木登り上手雲の峰

遊邦子さんの句で、重要な一つのジャンルに「郷里」があります。ご出身は長崎です。そこでの幼時からの体験などが随所に顔を出していて、これが他の人の共感をも呼ぶ句になっています。

名和未知男
深雪晴

【オリジナル句集】
句集/深雪晴
著者/伊藤幹哲
判型/四六判並製/カバー装
価格/1800円(税抜き)

白日へまばゆき鷹を放ちけり

どの句も季語の輪郭が鮮明である。拡張の中にしっかりと景が生きている。鷹のごとくさらなる飛翔を志す本格派の新人の句集である。

涼野海音
横顔

【令和俳人叢書】
句集/横顔
著者/須田眞里子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

横顔というふは正直夜の秋

ご主人の横顔を覗いた時のふとした思いであろうか。「横顔といふは正直」という発見と、「夜の秋」と置かれた季語とのバランスに無理がなく、読み手に素直に伝わって来る。

髙橋健文