新刊情報 – ページ 5

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 5
新樹光

【オリジナル句集】
句集/新樹光
著者/藤戸紘子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

尾羽引き孔雀の歩む新樹光

紘子俳句は初心時代から徐々に変化を見せ、表面的な写生から。ものの命をねんごろに詠むようになる。俳句を始めて、まだ十四年。紘子俳句は今後、さらに深みを増すに違いない。

田島和生
初堰の日

【オリジナル句集】
句集/初堰の日
著者/五味澄子
判型/四六判上製/カバー装
価格/私家版円(税抜き)

初堰怠け心をいさめをり

初堰は一月八日、八ヶ岳を水源とする水利権を見回る一年のはじめの行事で、今年も始まる緊張感を詠んだ句に実感がある。山を財産区に持つ山村では、町住みの者には計りかねる長い伝統の中で培われた連帯感がある。

宮坂静生(「序」より)
飛花落花

【オリジナル句集】
句集/飛花落花
著者/森 敏子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2800円(税抜き)

花曇り身をくぐりゆく水の音

敏子さんが寄せられる俳句は妖しげで妖艶な美しさがあり、研ぎ澄まされた感性に、時には鬼気迫るものがある。この世とあの世、そしてそのどこかに兄、高倉健の姿が影となって見え隠れする。

山本悦夫
透明なエレベーター

【オリジナル句集】
句集/透明なエレベーター
著者/伊藤昌子
判型/四六判並製・カバー装
価格/2200円(税抜き)

月明の野に透明なエレベーター

著者は、自らを形成するものの中心に筝曲と俳句の二つの柱を持つ。演奏中は思いをすべて琴の音に託すように、俳句を詠むときは、喜びも悲しみも人恋しさも、俳句という形式を信じて十七音に託す。独特の感性から生まれる詩的世界が第二句集で更なる広がりを見せた。

「好日」主宰 髙橋健文
炎

【オリジナル句集】
句集/炎
著者/石井英彦
判型/四六判並製・カバー装
価格/私家版円(税抜き)

生前のすべてを愛す月の眉

この句文集は、戦後における結核患者の俳句活動に対する貴重な資料です。と同時に、予科練、神風特攻隊を志した軍国少年が、結核という死病を乗り越えてゆく過程に出会った、社会性俳句すなわち中島斌雄と、やがて妻となる「T子君」との命を懸けた純粋な愛の物語です。

対馬康子
探求Ⅰ

【オリジナル句集】
句集/探求Ⅰ
著者/中島 進
判型/四六判並製・カバー装
価格/1364円(税抜き)

少年のずぶ濡れに立つ夕立かな

若松・鹿児島での子供時代の体験や、NGOの事務局員として、また看護・育児の経験を通して詠んだ200句を掲載