新刊情報 – ページ 10

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 10
一木一草

【オリジナル句集】
句集/一木一草
著者/河合秀美
判型/四六判並製/カバー装
価格/2200円(税抜き)

放心の一木一草日の盛り

句柄がおおらかで、遥かな宇宙へと句が広がっていくのも、特徴の一つである。魂の延長線上にある宇宙なのかもしれない。虚空を詠んだ句もあるが、宗教的なものではなく、おおらかな宇宙感覚を引きずった、広くて深い思いの世界なのであろう。

河内静魚
海市元町三ー一

【オリジナル句集】
句集/海市元町三ー一
著者/望月士郎
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

白鳥帰る青うつくしくくちうつし

私の作った句が、読み手たちの鑑賞によって幾つもの異なるストーリーとなり、それが想わぬ方向に接ぎ木のように地下茎のように広がり、または千切れて、もう作者から離れた遠い何人にもなって一人歩きして行くその背中を見ている時が、俳句をやってきたシアワセ・・・・・・なのです。

ひらひらと

【オリジナル句集】
句集/ひらひらと
著者/歌代美遥
判型/四六判並製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

真四角の水のかたちや水中花

いつもはっとさせられる句を作り、楽しみな作家でいつも注目している。季題の使い方も独特であり、どんどんと開化していくので一緒に句会をしていても楽しくなる。

星野高士
母子草

【和華双書】
句集/母子草
著者/薬師寺裕二
判型/四六判並製/カバー装
価格/2100円(税抜き)

蜜柑むき病母どこまで淋しがる

病院か施設かで暮らす母が、自宅で新年を迎えるために帰宅する。この一句の「どこまで淋しがる」が伝える〝老い″の現況。明日が解らぬのは誰しもであるが、老いが抱える深い不安と哀しみ。作者はその母の傍らに寄り添う。子も、ただ寄り添うしかない哀しみの中にいる。

寺井谷子(「序」より)
滝の宿

【オリジナル句集】
句集/滝の宿
著者/石川暉子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2700円(税抜き)

辻ヶ花の帯の背ぽんと初鏡

四季を通じて飽きることのない出湯と滝の宿。その温泉宿の女将の元旦は華やかに餅搗きで始まり、梅林で町を挙げての梅祭りが開催され、そして桜から藤へと、湯の街は花々に包まれる。

松尾隆信(「序」より)
青葉風

【その他】
句集/青葉風
著者/面白佳世子
判型/四六判並製/カバー装
価格/1500円(税抜き)

ただ歩くひたすら歩く冬支度

省略簡潔に心がけるのは、文章でも同じこと(中略)息詰まると、その気持を俳句で表してみることが始まった—— 佳世子さんの熱い想いが五・七・五から溢れ出しています。ひたむきな人生に、青葉風がエールを送っています。

橋本 薫