投稿日:

川越歌澄 句集『雲の峰』

川越歌澄 句集『雲の峰』のご紹介です。

第一回北斗賞受賞作品!

<この道でいいと云はれて雲の峰>

 

このたび、思いがけない形で句集を刊行して頂けることとなった。

俳句を始めた十七歳の頃から昨年までの百五十句。こんなものかなと思う反面、こんなことを言いたかったんじゃないのにという思いもあるが、あえて形を整えることをしなかった。これまでの自分を送り出し、空っぽになって、もう少し俳句と共に歩いてみようと思う。

(「あとがき」より)

●自選十句●

<亀が鳴くきのふ満月だつたから>
<この奥に椿があると思ふ闇>
<春うれひドーナツの穴永遠に>
<髪洗ふミケランジェロも左利き>
<何となく嬉しき時の豆ごはん>
<この道でいいと云はれて雲の峰>
<光あれ空あれそして梨がある>
<どこからが空なんだらう虫しぐれ>
<短日や志村喬の目が笑ふ>
<着ぶくれてやさしき町を通りけり>

 

出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-86173-203-4
税抜価格 1714円
頁数・縦 104P 19cm

 

ご注文は文學の森お問合せページまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です