投稿日:

髙勢祥子 句集『昨日触れたる』

髙勢祥子 句集『昨日触れたる』のご紹介です。

第三回北斗賞受賞作品!

<くちなはや昨日触れたる所へと>

 

題は『昨日触れたる』としました。庭に花が咲くといったことも、さまざまな社会の事象も、重さに関係なく同じように自分の感覚で受けとめたい。触れたと実感したい。それを句にしたい。そんな思いを込めました。いまだ確とした俳句理念は持てていませんが、そこは今後も変わらない気がしています。

(「あとがき」より)

●自選十句●

<ねと言つてやはらかなこと雲に鳥>
<啓蟄や着替ふるときの腕長し>
<くちなはや昨日触れたる所へと>
<鯉幟なまなましきは人の脚>
<性愛や束にして紫蘇ざわざわす>
<わたくしはどんどん洗ふ燕帰る>
<秋風や壜の内側まで乾き>
<直線の多きコートを脱ぎ捨てる>
<鍵盤のぽつぽつ沈む冬の星>
<火の粉かと思ふ小雪の降り始む>

 

出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-86438-214-4
税抜価格 1714円
頁数・縦 176P 19cm

 

ご注文は文學の森お問合せページまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です