※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」

【 オリジナル句集 】
句 集 /
風の仮面
著 者 /
日下野仁美
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
若菜摘む母が来てゐるかも知れぬ
若菜を摘めば亡き母の魂がやって来る。句を詠めば、遠い過去の記憶がよみがえる。自然現象に多様な風の気と季を見つめ、朴落葉は詩的な「風の仮面」と化す。この世の未来を信じて、風に、草花に、星に、海に、孫に、森羅万象の実景に深い祈りをこめる。
坂口昌弘
【 オリジナル句集 】
句 集 /
遍路
著 者 /
吉住光彌
判 型 /
菊判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
人は皆遍路の途中鰯雲
空一面に広がった鰯雲を観ていて、広大無辺な宇宙空間における人間の果無さや虚しさを実感したことが土台となって詠まれた俳句であろう。永年連れ添われた奥様を亡くされ、独り身となられてこれからの最晩年を如何に生き抜くかという覚悟の表れとしての句集と思われる。
山本鬼之介(「序」より)
【 その他 】
句文集 /
正剛の俳句と旅
著 者 /
渡邊正剛
判 型 /
変形判並製
価 格 /
2,800円(税抜き)
「リュウグ―」の砂に夢描く星祭
『徒然草』の「世俗の事に携はりて生涯をくらすは下愚の人なり」は生涯について言い表している一語かも知れない。生涯について、色々と考える年齢に達し、共感する一面もある。平々凡々と生き、これまで永らえてきたことを思うとき、不思議な感懐を抱く。何度か死の運命に向き合う憂き目に遭ったが運良く今日まで生きてきている。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
木耳
著 者 /
滝川直広
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
1,800円(税抜き)
胡瓜食む氷河の融ける星にゐて
滝川さんの作風をひとことで言えば、「正攻法の抒情」であろう。滝川さんの俳句は、奇矯で難解な言葉を使わない。それにも関わらず、ある時は勢いよく、ある時はしみじみとした情感を伝えてくる。
中岡毅雄
【 俳句ライブラリー 】
句 集 /
体感
著 者 /
横須賀洋子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,095円(税抜き)
大根洗う一人娘を抱くように
句集『体感』は、私の第四句集です。私意識からの脱却をはかりたいと模索しながら半世紀を送りました。結局、「今日の自分自身」が、私の俳句の原点であることに変わりなく、いまも、生きるよすがに俳句をつくっています。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
祭祀事年年歳歳牡丹色
著 者 /
阿部誠文
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
3,500円(税抜き)
どんたくの過ぎゆくごとくわれも過ぐ
「年中行事」には、豊作・豊漁・多産・避邪の願いがあふれている。そして、思いのままにはならない人の生と死である。つまり、人生は平穏無事に遂げることは少ない。だからこそ神仏に祈るほかはない。人の願いは祈るという形で表われ、祭祀となり、年中行事となったのであった。
本書より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
金魚
著 者 /
矢島康
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
掬わるることに慣れたる金魚かな
矢島さんの第一句集『紅枝垂』の出版の折、私は版元の編集者として手伝いをさせていただいた。それから十数年。心安く接することができる句という点では変わりはないが、随所に飄然とした可笑しみが漂うようになった。これは矢島さんの心懐に、一層の闊達さが加わったことに因るものだろう。今回の句集も厳選である。その潔さを佳しとしたい。
村上鞆彦
【 オリジナル句集 】
句文集 /
偉大なる故郷
著 者 /
井口三千子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
私家版
一湾は風邪にかがよひ鰆干す
「平維盛が祖先だった!?」自身のルーツを探して佐賀県嬉野市塩田町近隣の歴史を辿る。巻末に俳句百句を収録
【 平成俳人叢書 】
句 集 /
黒潮の沖
著 者 /
相内をさむ
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
黒潮の沖の風来る夏座敷
八丈島は正に黒潮の南側に接する島であり、「黒潮の沖の風」は八丈島にこそ最も相応しい措辞である。端的に八丈島の生活そのものを肌の感覚で受け取った秀作である。
柏原眠雨(「序」より)
【 オリジナル句集 】
句 集 /
万燈会
著 者 /
西本才子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
杜の闇手を取り合うて万燈会
節分の夜、奈良春日大社の境内に連なる石燈籠と、寄進された回廊の釣燈籠に一斉に灯がともされる。底冷えの闇に浮き上がる灯が美しく、大社が最も典雅に輝きわたる時である。かつて師の綾子もここを訪れて句を残した。作者の感激も如何ばかりか、「手を取り合うて」に表れている。
小林愛子

2019年| 6月5月4月3月2月1月
2018年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月