※ 自費出版は、最大60回まで分割払いできます。 詳細は→「句集づくり」

【 合同句集 】
句 集 /
ちちとははと
著 者 /
秋山武夫・三千子・智子
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
私家版
夕顔の一つの花にちち在す
父が百寿、母が卒寿を迎える頃に第二集をまとめられたら、ということを目標にして俳句を続けてきました。遺してくれた二人の句のその一句一句に触れるたびに、両親への思慕に浸る毎日でした。
両親やそれぞれの祖父母たちの写真を載せたことは、あまりにも短かった家族の時間を、この句集の中で永遠に寄りそって欲しいという私の何よりの願いであります。そして私もまた、この句集の中に、父と母と永遠に共に生きたいという、切なる思いでもあります。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
坂の途中
著 者 /
丸山登志夫
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
人に鳥に春の地球が一つだけ
私がなによりも感銘するのは、老いの意識を地球まで飛躍して、
あえていうならば、地球を仲間連れに感じる朴訥さである。
頭からものをいう観念的なものいいではなく、
佐久の農村暮しの風俗や風習に触れながら、
みちのく花巻の大地から宮沢賢治が天体の運行に
わが生命を占ったような、
詩人的な直感が作者には働いているようだ。
宮坂 静生
【 オリジナル句集 】
句 集 /
夏の蝶
著 者 /
山田和
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
天平の塔より高き夏の蝶
句集名ともなった「夏の蝶」に未来に前を向く作者の生き様が明るく照らされている。
鈴鹿呂仁
【 オリジナル句集 】
句 集 /
甲武信
著 者 /
小田切輝雄
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,500円(税抜き)
山下る身の浮いてをり桃の花
集名は、千曲川が源流を発する甲武信岳からもらった。
その名のとおり甲斐、武蔵、信濃の国境に聳える標高二四七五メートルの秩父山地の主峰である。千曲川を遡り、源流を極めたいという長年の夢もある。
「あとがき」より
【 オリジナル句集 】
句 集 /
星辰以後
著 者 /
藤木俱子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
白息を身よりのがして星仰ぐ
この句集の出来上がりを見ることなく、藤木俱子は平成三十年十月二十五日、呼吸器不全のために八十七歳の生涯を閉じました。俳句に精魂を傾けた四十年でした。
変わりゆく世の中の変わりゆく言葉を憂い、俳句は日本語の最後の砦であると常々言っていました。
吉田千嘉子
【 オリジナル句集 】
句 集 /
海上都市
著 者 /
前野美枝子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,700円(税抜き)
登高や海上都市を一望す
この句集全体を通して美枝子さんの俳句には「かつらぎ」が主張し、追い求めている「作者の気持ちが読者の心に響く写生句」の精神が充ち満ちていると思いました。
森田純一郎
【 オリジナル句集 】
句 集 /
銀河仰ぎし
著 者 /
朝倉由美
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,200円(税抜き)
焼け跡に銀河仰ぎし頃思ふ
平成三十年に私は八十八歳を迎えました。自分自身あまり実感もなく、あらためて驚いて居ります。その私が何故、第二句集などと大それた事を思いついてしまったのか、決心するまでには紆余曲折考えあぐねる毎日でした。でも私のような一人暮しをして居りますと何とか生きてきた証が欲しいと思うようになりました。
「あとがき」より
【 その他 】
その他 /
ゆけゆけ彸ちゃん行状記
著 者 /
藤田彸雄
判 型 /
四六判並製/カバー装
価 格 /
2,000円(税抜き)
新社員一人一人に社主の声
敗戦から十五年を経た日本は、まさに復興が緒に就き、右肩上がりの「経済発展路線」のスタートに立っていた。藤田彸雄氏は、創業四十三年の松下電器産業株式会社に入社されたのだった。「彸雄」の名を背負って、会社の発展と自己実現を目指し、藤田氏は「辣腕企業戦士」として敏腕を奮う人生をスタートさせたのであった。
豊かになりすぎた日本が、日本人が再考しなければならない課題の答えがこの著にはある。
中田水光
【 オリジナル句集 】
句 集 /
著 者 /
角田智子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
鈴音のひびきを花の声かとも
ご主人と二人の母上のご供養のため智子さんは四国八十八ヶ所を巡る計画を立てる、それも二ヶ月掛けての「歩き遍路」だという。「春野」への投句は旅先から届く。厳しい道程の中で、お遍路さん達の鈴音に導かれ、鈴音に背を押されるような不思議な感覚を味わったと言う。智子さんは、遍路で様々な経験を積み何か吹っ切れた感じがする。
奥名春江
【 オリジナル句集 】
句 集 /
若菜籠
著 者 /
山﨑紀美子
判 型 /
四六判上製/カバー装
価 格 /
2,667円(税抜き)
湧き水を引きし生活や若菜籠
土佐の豊かな自然の中にあって俳句が詠める幸せを作者は充分認識していることであろう。
作者は「けり」の切字の句が多いのを気にしているようであるが、ぼくはむしろ小気味よく思う。
どの句にも風土性があり、そして的確な写生眼に裏打ちされているのである。
鈴木しげお

2018年| 8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2016年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2015年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2014年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2013年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2012年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2011年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2010年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2009年| 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2008年| 12月11月10月9月8月7月6月5月