新刊情報 – ページ 157

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 157
夜の虹

【オリジナル句集】
句集/夜の虹
著者/村上夜虹
判型/菊判上製・函入り
価格/2,667円(税抜き)

秋出水彼は食堂庫へ行く人種

調べてみると、「自鳴鐘」の昭和二十九年の掲載された一句である。私が丁度俳句を始めた十歳の年に当たる。十歳の頭に沁み込んだ一句、殊に「彼は食堂庫へ行く人種」というフレーズと、一句の持つ苦さが、今もって「夜虹」という作家の名と共に浮かぶということに、改めて「俳句」の力を思ったことである。

寺井谷子
絵臘燭

【オリジナル句集】
句集/絵臘燭
著者/高橋美枝子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円(税抜き)

二百二十日の仏顔浮かす絵臘燭

「水明」入会当初から、素材に対する取組姿勢が真っ直ぐであり、曲った角度からものを見ない。焦点をはっきりと捉え、景が見えている句が多い。

星野光二(「序」より)
潮流

【オリジナル句集】
句集/潮流
著者/奈加摩耶子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円(税抜き)

句集『潮流』に満ち満ちているものは生あるものへ向けられた祈りである。集中の句からは静かに燃やすいのちの火の美しいゆらめきが見えてくる。聖書を全てのよりどころとして生きるこの人にとって詠うことは祈りに同じなのであろう。

向田貴子(「序」より)
花野

【女性俳人精華】
句集/花野
著者/猿渡律子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,47円(税抜き)

アイガーを父とぞ仰ぐ花野かな

律子さんは忠実に虚子・青畝師の説かれた道を迷うことなく歩まれ、実感を具体的に表現する方法を会得されている。

小路紫峽
鶴飛来

【女性俳人精華】
句集/鶴飛来
著者/乃美隆子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

鶴飛来に枕を高く眠りけり

この句の「枕を高く眠りけり」は吟行会のお世話をする地元の人としての感慨である。吟行会を主催することがなければこの句は生れない訳である。作者にとっては又と作り得ない記念すべき句である。

松崎鉄之介(「序」より)
植樹祭

【女性俳人精華】
句集/植樹祭
著者/綿貫伸子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

七月の 光よ水よ 孫育つ

単に祖母として詠っているだけではない。生かされている根源へ向けての深い思いが、天地への賛仰のことばとしてほとばしっている。まさしくいのちの讃歌といえよう。

花谷和子