新刊情報 – ページ 156

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 156
柚子

【オリジナル句集】
句集/柚子
著者/佐野萬里子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円(税抜き)

一口に言えば佐野萬里子さんは、才人である。父系からのDNAにもよるのだろうが、時間・空間を超えてそのひらめきの多彩さにはいつも驚かされる。すなわち、時間的には古代から現代に至るまで、また空間的には日本国内はもちろん、遠く視点はいつも地球の隅々にまで及んでいる。

(石井いさお「序」より)
薔薇の棘

【オリジナル句集】
句集/薔薇の棘
著者/小笠原玲子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円円(税抜き)

人形の目を描く恐さ春の夜

目一つでその絵の良し悪しが決ってしまうことは容易に想像出来る。しかし、ここで言う恐さはもっと別のところにある。目には魂のようなものが宿っているとの考えからの恐れである。対象物に対してそのような恐れをもって向き合うこの姿勢は、芸術家にとって一つの資質となるであろう。

(中村正幸「序」より)
花の雲

【オリジナル句集】
句集/花の雲
著者/飯久保司郎
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

国立市に居を構えて六十年。その間慣れ親しんだ大学通りの桜も老木となったが、今なお絢爛と咲くさまに畏敬の念と、過ぎし日々の思い出をかさね、『花の雲』とした。

(「あとがき」より)
鶴帰る

【オリジナル句集】
句集/鶴帰る
著者/鈴木登代子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

川の流れに身を任せているようだが 決して、その流れに屈してはいない。 時に真っ正面からぶつかり、 時に肩透かしのように軽くいなしたり、 実にさまざまな表現でもって読者を魅了する、 この一書に人生を教えられることは多い。

(山崎十生「序」より)
温顔

【オリジナル句集】
句集/温顔
著者/筑波哲二
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

鮮やかに映り移ろう季節、 的確に選び取られる情景、 年齢の深みある想い、 それらが一体となって、 すぐれた味わいの句集となっている。 凡手は及ばぬ、 完成度の高い言芸といえる。

笹倉明

迷子岩

【俳句作家選集】
句集/迷子岩
著者/樅山木綿太
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,571円(税抜き)

迷子岩に花見疲れの五六人

木綿太俳句の魅力は、清潔な作者の人柄がそのままに句に表れていることだが、それが詩人的な感性とあいまった時にキラリと輝く。

(河内静生「序」より)