新刊情報 – ページ 178

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 178
夏炉

【その他】
句集/夏炉
著者/谷内茂
判型/菊判上製・函入り
価格/2,762円(税抜き)

本句集は最近七年間の作品から採録したもので、新鮮さがある。ただ、一か年平均四〇句余を残すというのは、厳しさに欠けるうらみを無しとしない。しかし、純粋に自立したきかんの作品のみであることを誇りともしたい。

時の舟

【オリジナル句集】
句集/時の舟
著者/浅見百
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

この句集は章題がおもしろい。 「逢へぬ間に」「上がる下がると」「うす目蓋」「眠らねば」…と続く。この、なにやらいわくありげな言葉はどんな季題と組み合わされて新しい世界を構築するのか。 読んでいくと、あっ、これだったのか、と種明かしとなる楽しみがある。

(吉田美和子「跋」より)
夢の略図

【オリジナル句集】
句集/夢の略図
著者/佐野笑子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,57円(税抜き)

本書名『夢の略図』は、きっぱりとした詠法を見せていながらも「夢」の持つ希望や幻滅といった詩情、「略図」の持つ未知の分野、それらの一切が一句ごとに秘められていて感銘を深くしている。

大牧 広
柚子

【オリジナル句集】
句集/柚子
著者/佐野萬里子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円(税抜き)

一口に言えば佐野萬里子さんは、才人である。父系からのDNAにもよるのだろうが、時間・空間を超えてそのひらめきの多彩さにはいつも驚かされる。すなわち、時間的には古代から現代に至るまで、また空間的には日本国内はもちろん、遠く視点はいつも地球の隅々にまで及んでいる。

(石井いさお「序」より)
薔薇の棘

【オリジナル句集】
句集/薔薇の棘
著者/小笠原玲子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円円(税抜き)

人形の目を描く恐さ春の夜

目一つでその絵の良し悪しが決ってしまうことは容易に想像出来る。しかし、ここで言う恐さはもっと別のところにある。目には魂のようなものが宿っているとの考えからの恐れである。対象物に対してそのような恐れをもって向き合うこの姿勢は、芸術家にとって一つの資質となるであろう。

(中村正幸「序」より)
花の雲

【オリジナル句集】
句集/花の雲
著者/飯久保司郎
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,476円(税抜き)

国立市に居を構えて六十年。その間慣れ親しんだ大学通りの桜も老木となったが、今なお絢爛と咲くさまに畏敬の念と、過ぎし日々の思い出をかさね、『花の雲』とした。

(「あとがき」より)