新刊情報 – ページ 179

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 179
美峰

【オリジナル句集】
句集/美峰
著者/近藤真以
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

薔薇どれもこの世の色を尽しけり

風雅の種に、風姿を調え、 風情の花として咲かせる――。 獅子門同人、 たわわなる結実。

傀子二集

【オリジナル句集】
句集/傀子二集
著者/北田傀子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

なんでもないことの涙あたたかい

みずからを「傀子=人間のなかの鬼の子」と称する著者が、日常のなかから拾い上げたことばの数々。 集大成としての第二句集

欠伸

【和華双書】
句集/欠伸
著者/梅村すみを
判型/四六判並製/カバー装
価格/2095円(税抜き)

欠伸してさて何をせむ小春凪

題名を『欠伸』としたのにあまり深い意味はない。集中に欠伸の句はあるけれど、その句にこだわりは無い。 欠伸の出る時のような肩の力の抜けた自然体になんとなく憧れを覚えていたから。 ただそれだけのことである。

(「あとがき」より)
海市

【オリジナル句集】
句集/海市
著者/深川淑枝
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

海市消え沖にさびしき空戻る

優れた俳人がみなそうであるように、淑枝さんは作句のはじめから、この詩型の本質を摑んでしまっていたのである。しなやかで典雅な作風は生来のものなのである。

伊藤通明(「跋」より)
兀兀

【和華双書】
句集/兀兀
著者/大里えつを
判型/四六判並製/カバー装
価格/2095円(税抜き)

兀兀と闇煮凝はすぐ溶ける

句集最後の句の不思議な漢字「兀」と、このそら恐ろしい時空の不思議が私の中で重なってしまい、捨て難い句になってしまいました。

(「あとがき」より)
秀句鑑賞歳時記

【その他】
句集/秀句鑑賞歳時記
著者/高橋悦男
判型/四六判並製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

俳句は作句と鑑賞に分かれるが、両者は不即不離、表裏のごとく一体となっており、鑑賞なくして作句なく、作句なくして句を充分に味わうことは出来ない。多くの句を読まなければ、句作の上達は望めない。また、句を作ることによって、ただ読むだけでは解りにくい俳句独特の表現の奥にある深い意味を知ることが出来るのである。 すでに俳句を作っている人にはもちろん、俳句を作らない人にとっても、本書が俳句をより幅広く、より深く知る一助となり、ひいては、俳句実作へのきっかけにでもなれば幸いである。

(「あとがき」より)