新刊情報 – ページ 177

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 177
極光(オーロラ)

【オリジナル句集】
句集/極光(オーロラ)
著者/蔵田緋呂子
判型/四六判上製・函入り
価格/2,667円(税抜き)

作者は実によく旅をされている。奥の細道はもちろんのこと、学生時代からの興味の延長か、古典への関心からか、史跡への旅が多い。古代の神話などにも関心がある。現代を歩きながらも、そこに古人の思いをしずかに引き寄せ、風土の息づかいを感じ取っている。

佐怒賀正
幽(ゆう)

【その他】
句集/幽(ゆう)
著者/戸板幽詩
判型/四六判上製・函入り
価格/2,667円(税抜き)

良き諸先輩、暖かい同志に恵まれ支えられてこその今日があると思うと切ない思いが胸にこみあげてくる。「継続は力なり」と言うが、よくぞここまで続けてこられたものだとわれながら呆れもし感心もしている。「たかが俳句、されど俳句」とどのつまりは、この一語に尽きそうだ。

(「あとがき」より)
米寿独歩

【オリジナル句集】
句集/米寿独歩
著者/加藤憲曠
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円(税抜き)

この句集を『米寿独歩』としたのは、目に見えない協力があったればこそ、有難いという気持とこれからも、自分の意志のとおりに歩いて行きたいとの願いを込めたものである。

(「あとがき」より)
水曜日はどこでしょう

【オリジナル句集】
句集/水曜日はどこでしょう
著者/加藤邪呑
判型/文庫判・カバー装
価格/円(税抜き)

加藤邪呑が イメージする世界は 青色に覆われていて、 ピュアな 詩精神を形作る。 そこには こころのふるさとが 漂っている。

京武久美
夜の虹

【オリジナル句集】
句集/夜の虹
著者/村上夜虹
判型/菊判上製・函入り
価格/2,667円(税抜き)

秋出水彼は食堂庫へ行く人種

調べてみると、「自鳴鐘」の昭和二十九年の掲載された一句である。私が丁度俳句を始めた十歳の年に当たる。十歳の頭に沁み込んだ一句、殊に「彼は食堂庫へ行く人種」というフレーズと、一句の持つ苦さが、今もって「夜虹」という作家の名と共に浮かぶということに、改めて「俳句」の力を思ったことである。

寺井谷子
絵臘燭

【オリジナル句集】
句集/絵臘燭
著者/高橋美枝子
判型/四六判上製・カバー装
価格/2,667円(税抜き)

二百二十日の仏顔浮かす絵臘燭

「水明」入会当初から、素材に対する取組姿勢が真っ直ぐであり、曲った角度からものを見ない。焦点をはっきりと捉え、景が見えている句が多い。

星野光二(「序」より)