新刊情報 – ページ 166

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 166
連句再々

【その他】
句集/連句再々
著者/森田蓉子
判型/四六判上製・函入り
価格/2667円(税抜き)

今後も初心を忘れず自然をありのままに眺め、新しい表現を心掛けてゆくつもりです。満足のいく巻にはまだまだですが、暮しの中での発想を大切に、知らなかったことを学び、和気藹々と完結する喜びは一入です。座は連句の命だと思います。この連句集がその楽しみを次世代へ伝える糸口になればと願っております。

あるがままで進む

【オリジナル句集】
句集/あるがままで進む
著者/南頓馬
判型/四六判並製/カバー装
価格/私家版円(税抜き)

気になることがあるので、気にならなくなったら働こうというのでは埒があかない。生きる限り気になることは尽きないのだから、気になるままに本来の向上心に乗って努めるのが“あるがまま”である。

一朝

【ベストセラーシリーズ】
句集/一朝
著者/高山晥
判型/四六判上製/カバー装
価格/2476円(税抜き)

一朝の夢をつなぎし寒牡丹

作句十年目くらになると種々の法則・特技を使用したくなるもの。高山氏は今その関門に立っている大切な時であるから、これからどう広がってゆくのか楽しみである。大いに発展されるよう期待する。

赤尾恵以(「序」より)
土地勘

【オリジナル句集】
句集/土地勘
著者/阿部正調
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

蛇穴を出て土地勘のありにけり

正調俳句と言えばまず、それを口ずさんだ人はみなほのぼのとした気持になります。気取らない滑稽俳句なのです。しかし読みすすむと、その愉しみにいつも優しい作者の心が連れ添っているのに気づきます。

倉田紘文(「序」より)
木の芽風

【俳句作家選集】
句集/木の芽風
著者/田中忠夫
判型/四六判上製/カバー装
価格/2571円(税抜き)

たらちねの茶昆の煙や木の芽風

即物具象俳句を代表する林徹先生に句作の基本を学ばれ、俳句に打ち込まれて四半生紀近い。忠夫俳句はいま、自宅のぶどう園のように、たわわな実りの季節を迎えている。

田島和生(「序」より)
俳句に新風が吹くとき

【その他】
句集/俳句に新風が吹くとき
著者/川名 大
判型/四六判並製/カバー装
価格/2500円(税抜き)

〈わが愛する昭和俳句〉

芥川龍之介から 寺山修司へ 昭和俳句の“新風”の高みを犀利に解き明かす。 それは平成俳句への訣れのメッセージでもある。