新刊情報 – ページ 168

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 168
壺天

【イカロス選書】
句集/壺天
著者/小倉英男
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

新酒酌むわが八十の一壺天

「一壺天」は、一つの小天地、別世界、また酒を飲んで俗世を忘れる楽しみ、という。私は酒が好きであるが、俳句も好きで、ひとり俳句を作り推敲をしているとき、壺中の天に遊ぶような思いもする。

「あとがき」より
上毛

【和華双書】
句集/上毛
著者/堀越光林
判型/四六判並製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

樫ぐねや赤城颪に高く結ふ

光林さんは、上野国、群馬県太田市高林の出身。太田の呑龍様で知られる大光院の光明を拝して、仰げば上毛三山、目を伏せれば利根川の清流。その風土は彼の自尊とするところであり、彼の詩精神を興隆させてやまない。

落合水尾(「序」より)
木の春

【俳句ライブラリー】
句集/木の春
著者/吉本宣子
判型/四六判並製/カバー装
価格/2095円(税抜き)

雨乞ひのぴしぴし折れる炎かな

人間が火を用い始めた頃の原初の火をも感じさせてくれる「炎」である。 作者の心の中の炎でもあろう。 この詩性こそ作者の個性と私には思われる。 この炎を根っこに吉本宣子俳句の進展を、と願う。

中村和弘
火の破片

【オリジナル句集】
句集/火の破片
著者/川越さくらこ
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

マティーニ飲む雪しんしんと海へ降る

私は選句をしつつ小説を読んでいる錯覚に陥った。なぜかと言えば、川越さくらこという人物の半生がドラマトゥルギーに満ちているからだ。掲句は、まさしく川越さくらこの「いのち」と「たましい」そのものだからである。

角川春樹
薄雪草

【ミューズ選書】
句集/薄雪草
著者/宮原榮子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

真実の愛と優美なる詩心

「姫沙羅」俳句会は、三人の選者と会員から選出された幹事により運営されている風通しの良い開かれた結社であります。俳句の伝統を継承しながら個性を重んじ選者の任を各自果たしています。その一選者として表述の通り心深い愛と豊かな詩心に成る『薄雪草』は、秀句に充ちております。

加藤陽泉
返り花

【オリジナル句集】
句集/返り花
著者/宇野慂子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

吊り太鼓早打ちまぜて報恩講

加賀おんならしく、控え目で慎ましやかな作者である。自らの意思というより、周囲の強い勧めに促されての上梓なのかも知れない。だが三十五年に及ぶ揺るぎのない作句歴と、確固とした作品の成熟度である。とっくに世に出ていて然るべき期待の句集と言っていいだろう。

千田一路(「序」より)