新刊情報 – ページ 185

  • HOME
  • 新刊情報 – ページ 185
箸文化

【平成俳人叢書】
句集/箸文化
著者/長谷川義二
判型/菊判上製・カバー装
価格/2667円(税抜き)

極東に箸文化あり雑煮祝ぐ

大きな句柄の句集を出版できることは喜びである。写生に徹するあまり、句が小さくなっている傾向が現代の俳句界にはある。義二さんの句はそれらとは別次元の句であり、悠然とわが道を行っている。それでいて俳句の核を外していない。

石井いさお(「序」より)
朴の青空

【オリジナル句集】
句集/朴の青空
著者/朴の青空
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

落葉して朴の青空広がりぬ

俳句は見た「物」をそのまま写生するという。 「そのまま」とは何か。 それは見た「物」の奥にある「いのち」に触れることではないか。

大坪景章
夕鶴忌

【その他】
句集/夕鶴忌
著者/角川春樹
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

夕鶴忌去りゆくものに追ひつけず

芭蕉が終生の課題とした「軽み」とは、日常性の中に詩を求め、日常の言語(口語、俗語を含む)をもって表現をする手法であり、道であるが、詠み手と読み手が倖せになる作も、現代の「軽み」ではないかと近頃では考えるようになった。

(「あとがき」より)
秘密

【オリジナル句集】
句集/秘密
著者/西山貴美子
判型/四六判上製/カバー装
価格/2667円(税抜き)

朧夜の人か杭かと問はれけり

朧の濃い夜、やや離れた所に黒い物が立っている。人が居るのだろうか、それとも突っ立ている大きな杭なのだろうか。そこまでは普通のやや怪しげな写生であるが、「問はれけり」という下五が面白い。作者と誰かとの会話である。私が進めている第三の自我が影の様に現れる秀作である。

星野紗一
かはほり

【オリジナル句集】
句集/かはほり
著者/かはほり
判型/四六判並製/カバー装
価格/1714円(税抜き)

一句は 一つの姿である。 その姿は その句の作者の心である。

橋本鶏二
籠枕

【その他】
句集/籠枕
著者/村越化石
判型/菊判上製・函入り
価格/4500円(税抜き)

両眼の光を失い、両手の自由を奪われ、最近では健やかであった聴力すらもその力を弱めつつある。そのような状況の中で、一言の不平も言わず、不満も洩らさず、笑顔で「大丈夫だよ」と言い、「俳句が沢山出来るんだよ」と嬉しそうに言われ、時を惜しむようにひたすら句作に励まれる化石先生。ラジオも聴けない、たった一人の光のない殺風景なベッドの上で、一心に句作を続けられる化石先生の姿に、心が震えた。化石先生のそうした姿の中に、作家としての真の姿を見た思いがした。これが俳句を作ることなんだと教えらえれた。

三浦晴子(「跋」より)